シェアよろしくお願いします!

ハゲ(薄毛)にならないために正しいシャンプーのやり方は?

シャンプーしている女性

すでにAGA(男性型脱毛症)になっている方やそうでない方にも頭皮環境を整えることはとても大切です。これは女性にも当てはまります。ここでは薄毛にならないように正しいシャンプーのやり方を説明します。

ハゲ(薄毛)防止の正しいシャンプーやり方

頭皮コンディションを改善する第一歩は、毎日正しいシャンプーを行うことに尽きます。

元気な髪の毛を生やすにはまずは良い土壌つくりからって言われています。荒れ果てた土壌では元気な髪は生えてきませんからね!

シャンプーって『髪を洗う』と表現しますが、シャンプーの目的は髪と同時に頭皮を洗うことにあります。

頭皮を洗って頭部のフケ古い皮脂を取り除いて、常に清潔に保つことは元気な髪を生やすためにはぜひ身につけておきたい習慣です。

よく、強い力でゴシゴシこすって髪と頭皮を洗う人がいますが、それでは頭皮を荒らしたり、炎症を引き起こす可能性があります。

フケや古い皮脂が多少あっても、すぐに薄毛になったり、脱毛が起こったりすることはありません。

もしも、フケ古い皮脂直接脱毛薄毛につながるなら、ホールレスのみなさんはほとんどの方はハゲのはずでしょうからね(笑)

ハゲ(薄毛)にならないために正しいシャンプーのやり方

1)アミノ酸系の泡で十分に泡立てる

髪と頭皮を濡らす前に、手の指の腹(指紋の渦の中心辺り)を使い、頭皮全体を軽くマッサージします。

硬くなった頭皮の血流を促し、ホコリや古くなった皮脂を浮かせて、シャンプーで落としやすくするのです。

続いて髪と頭皮をお湯で濡らし、指の腹で洗い流します。それからシャンプーを手のひらに取り、

髪につけてよく泡立てます。頭皮についた汚れや皮脂を泡に包み込んで落としていきます。

頭皮に直接付けるものですので、刺激が少ないアミノ酸系の優しい洗浄成分を含むシャンプーを選びましょう。

2)指の腹を使い丁寧に洗いましょう

髪を洗う時は、指の腹で丁寧に優しく洗います。とくに男性に多いのが指先に力を入れてゴシゴシ洗ったり、

爪を立てて洗ったりするかたがいますがそれだと頭皮を傷つけて頭皮のコンディションを悪化させる可能性があります。

1度目は髪と頭皮の汚れを落とすことを意識しながら行い、すすいでから2度目の洗髪を行います。

2度目は頭皮を洗うことに注力します。少しずつ指の腹をずらしていき頭皮全体を丁寧にマッサージするように洗いましょう!

3)きれいに流し、しっかり乾かすこと

洗い終わったら、シャンプーをきれいに流します。髪の毛の根元に指潜り込ませたら、髪と頭皮に洗浄成分が残らないようにします。

どんなに優しい成分のシャンプーでも頭皮に残ると刺激となり、フケや痒みの原因につながります。

シャンプーの後はコンディショナーで頭皮に潤いを与えます。時間を少し置いて成分がじんわり浸透してからきれいに流しましょう。

バスルームから出た後は、清潔でよく乾燥させたバスタオルで水分をふき取ります。毛先をこするのではなく、

髪の根元と頭皮を押さえながらタオルドライを行いましょう。

最後に、ドライヤーを使って髪を完全に乾かしていきます。

この時、半乾きのままだと頭皮が蒸れて高多湿の熱帯雨林状態になり、悪い細菌の繁殖などを招いて頭皮の環境が悪化する恐れがあります。

温度はできたら熱く無いほうが良いです。風で乾かすといったイメージですね!

以上が正しいシャンプーの方法になります。大切な髪をいつまでも

維持できるように毎日実施してくださいね(笑)

もしも、今あなたが薄毛やハゲに悩んでいるなら
以下の商品をおすすめします。

男性用育毛シャンプーです。

シェアよろしくお願いします!

フォローよろしくね

おすすめの記事

コメントを残す