シェアよろしくお願いします!

ハゲ(薄毛)、AGAで悩む理由とは何?

髪が薄い男性

世の中にはハゲ(AGA)や薄毛で悩んでいる人は山ほどいます。では、なぜ悩んでしまうのでしょうか?この理由について説明したいと思います。

人はなぜ薄毛やハゲに悩むのか?1

まず、初対面の人と会ったときの印象を大きく左右する要素のひとつに頭髪があります。

男性でも女性でも頭髪のボリューム、ヘアスタイル、髪の色合いなどは他人の印象に強く残ります。

だからこそ女性のみなさんはイメージチェンジをしたいとき、長かった髪をバッサリと切ったり、

黒髪を茶髪にしたり、逆に茶髪を黒髪に戻したりするのです。

十人十色と言われるように顔かたちは一人ひとり違いますし、身長、体重、性格もそれぞれ。

それもすべて個性です。

ですから、頭髪がハゲていたり多少髪が薄いのも個性の範疇のはずですが、

ちょっとしたきっかけで薄毛が最重要課題になるケースがあります。

そのひとつが『自分自身のイメージ』『他者のイメージ』のギャップを認識するときです。

残念なことですがこの日本では『頭頂部が薄いと』”最近、髪が薄くなったんじゃない?”というふうに薄毛や抜け毛をからかいの対象にする風潮があります。

立派なハラスメントですが、そうと意識しないで不用意な発言する人は少なくありません。

実際に薄毛だときっと周りでは陰口で”あのハゲっ!!”とかって言われているに違いないでしょう。

ハラスメントには『嫌がらせ、いじめ』という意味があり、発言や行動で相手を不快にさせたり、

尊厳を傷つけたりする行いの総称として用いられます。

ハラスメントでは本人たちに悪気がない場合少なくはないのですが、悪気がなくて無自覚に誰かを不快な気持ちにさせたり、

自尊心をズタズタにしているとしたら余計に始末が悪いと言えますね。

自分で”ひょっとしたら?”と思っていても、男女ともに初めに薄くなりやすい頭頂部(つむじあたりの辺)の状況を正確に確認するのは難しいもの。

有史以来、自分の頭頂部を自らの肉眼で確認できた人は1人もいないそうです。

手鏡を使って自分の頭頂部を見ても、光の加減で髪の毛が薄く見えたり、見えなかったりします。

”百聞は一見に如かずというように人間の脳は情報の80%以上を視覚から得ていますから、

目で見て直接確認したいのが人情です。

薄毛で悩む原因は、自分の目で直接確認できないからこそ、疑心暗鬼になり、不安がむくむくと頭をもたげます。

それなのに心ない人たちから”最近、薄くなったんじゃない?”と言われると不安感は途端に倍増するのです。

”ひょっとしたら?”が”やっぱりそうか!”に変わり、”やっぱりそうか!””このままではまずい”に変わります。

そうやって会社の同僚や知人、家族の一言がきっかけとなり、クリニックに通う方も少なくないようです。

いざ、薄毛に悩んでクリニックで診察をうけてみるとけっこう髪がフサフサの方もいらっしゃるようです。

 もしも、今あなたが薄毛やハゲに悩んでいるなら以下の商品をおすすめします。



男性用育毛シャンプーです。

シェアよろしくお願いします!

フォローよろしくね

おすすめの記事






コメントや質問などあればどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です