記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

美容院を一人で開業する場合の心得とは?

スタートの看板

これから美容院を一人で新規開店しようとしている美容師さんに”一人で経営”をしていく上での心得とどのくらい売り上げが必要かアドバイスします。

今の美容業界は不景気だと思います。

恐らく、何十年前のあの「カリスマブーム」で、美容師人口が一気に増えたせいなのか?

実際にどこの町に美容院が所狭しと立ち並んでいる光景を見ます。

”犬も歩けば美容院に当たるって感じかな?”(笑)

ちなみに私の店の周辺も美容室だらけです。笑けるぐらいです!!

美容院を長く経営することの難しさを”ひしひし”と感じる今日この頃であります。

ではでは、本題にいきましょう~

これから、一人で美容院を新規開業しようかな?って考えている方に一人で経営して上で大切なことをお伝えしたいと思います。

一人で美容院を新規開店するための心構え

まずは、これからお店を新規開業をされる美容師さんには正直少しキツイ現実を言わなければなりません。

「独立が夢」という無意味な理由でオープンしたサロンが、世の中に必要とされずにたくさん静かに消えているのをご存知ですか?悲しいけど、これが現実なんです。

「独立したかった」 というのはあなたの勝手な理由であって、お客様は”あなたのお店に理由がない”と来てくれないからです。

お店を出店する前にもう一度、”あなたのお店が何を目指しているのか<経営理念>”をしっかり再確認してみて下さい。

あとは、あなたが目指す理想を貫くだけです。

自分で新規で事業をするということはとても勇気と決断力がいることです。

もしも、失敗すれば多額の借金が残り、あなた自身やあなたの大切な家族が路頭に迷う結果になるということをしっかり念頭に置かなければなりません。

しかし、リスクを恐れてはそこからは何も生まれません』

”自分を信じて前に突き進む勇気が大事だと思います”

一人でやっていくサロンがやるべきこと

一人でやっているサロンがやるべきことは、「大型チェーン店ができないこと」をすることです。「大型チェーン店がやっていること」 は全部、真似してはいけない。

なぜなら、大型チャーン店と同じことをやっても勝ち目はないからです。

ならば、あなたが出店しようとしている周辺のお店(チェーン店、他店)をホームページなどでリサーチし、

あなたのお店にしかないもの(オリジナルの技術、オリジナル商品など)メニュー化してそれをお店の”ウリする”ことによって集客をする。

そして、オープニングのチラシにはあなたのお店の”こだわりの技術、得意なものをPRしましょう!

最速でお店を軌道に乗せる

お店を早く軌道に乗せるにはオープニングのチラシでいかに多くの新規客にご来店頂けるかにかかってきます。

しかし、チラシで集客できるのは撒いた数の約1%あればまだ良い方だということを念頭に置いといた方が良いかと思います。(チラシの内容しだいで集客失敗することもありますので慎重に吟味して作ってください)

最初に集客出来なければ売り上げを黒字にするまでに長く期間を要するため運転資金がたくさんあれば良いのですが少なければ、恐らく1年ももたないでしょう。

あとはご来店頂いたお客さまに「あそこの美容室は、○○がすごく上手」という定評が集まるまで、根気良く結果を出し続ける。

お客様、一人たりとも失敗しないという意気込みで。

技術料金の設定にはこだわること。あなた技術やお店の価値が料金の設定になります。

一人経営ならば低料金でがむしゃらに数をこなしていくより、一人のお客さまに対して時間をゆったり取り、高料金を頂ける美容院を目指す方が長い目で見ても有利だと思います。

帰りに紹介カードをお渡しして、お客さまからご紹介頂いた紹介客を確実に気に入らせることが出来たらお客さまは少しずつですが増えていくと思います。地道な積み重ねが大事です。

オープンしてからの数ヶ月は”休みなしで働くぞ!!”っていうぐらいの気持ちでがんばって下さいね。

メンタルを強く持つこと

お店をオープンしても、恐らく暇な時が多いはず。こんな時、きっと明日はお客さん来てくれるかな・・・?借り入れの支払いどうしよう・・・?などなどいろいろ考えてしまい。

かなり、精神的に参ってくるのだ。私もそうでしたし、今も、これは変わらない。

でも、次の日が忙しいと”ほっとしてこの不安はなくなる”

一喜一憂ってやつですね。

”毎日がこれの繰り返しなのです”

●私から言えることは今できることを後悔の無い様に、背いっぱいして、自分を信じるだけかな。

一人でどのくらいの売り上げがあれば良いか?

参考までに私のお店の場合

家賃 ¥183600

光熱費 ¥49000

材料代 ¥85000~¥90000(電気、ガス、水道)

電話代 ¥8500(インターネット、フリーダイヤル含む)

損保 ¥3780

有線 ¥2250(年払いで¥27000)

その他 ¥30000(雑費)

借入返済 ¥74000(国民政策公庫)7年間

1000万の借入れでした。

器具リース ¥46000(リース会社)5年

器具の総額 260万

(セット椅子、シャンプー椅子や器具、ボイラーなど)

ってな感じです。

一番抑えたいのはやはり家賃ですね。毎月の固定費になるので家賃は出来るだけ安く借りれたら利益もだいぶん浮くと思います。

あと、借り入れの返済額も借り入れが少なければもっと楽ですね。

ざっと48万円強です。

ということは

1ヶ月稼動日数が24日として 480000÷24=20000

1日あたり ¥20000を上げなければならない

客単価が  ¥7600として

480000÷7600=63

1ヶ月    63人

63人÷24日=2,62人

1日あたり 3人弱すれば良い

採算分岐点が48万円になるのでここからさらに売り上げを上げれば

黒字になると思います。

◎最後まで購読いただきありがとうございました。

最後に、”あなたの健闘をお祈り致します”

まとめ

●小さなお店にお客様がお越しになるメリットは何かを考えることす。
価格と便利さが魅力なら、お客様は大きな店に行きます。小さなサロンは、品質で勝負する以外、勝ち目はありません。

●”うちは技術で勝負する”純粋に単純に 「上手い美容室」を目指す。

●しょうもない小手先のキャンペーンの新規集めは、大型店と張り合わない。

●知ってる人は得をして、知らない人は損をする、そんな不公平な価格をつけない。

●一人でお店を新規出店はできるだけ最初に設備投資(改装費など)を抑える。

居抜きのお店なんかは設備費用がさほどかからないと思いますよ。

美容器具(セット椅子、シャンプー椅子、鏡)などはリサイクル業者から格安で入手できる。

●毎月のランニングコストを抑える。

(家賃、借り入れ返済など)

●自己資金をできるだけ貯めておくこと。(最低でも開業資金の半分の運転資金は必要!!)

記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.