シェアよろしくお願いします!

女性が小資本で起業しやすい資格とは?

お金

『会社に縛られず自分の好きなことをして生きて行きていく!!』こんな生き方って誰もが憧れだと思います。これからは女性も一人でも生きていくための資格が必要な時代になって来ています。 女性が資格を身につけ独立し起業するためのノウハウを教えます!

今、貧困女子が急増加して社会問題になっているのを知っていますか?

そもそも、貧困女子とは?

大阪市内の繁華街にある風俗店の応募ポスターに「寮あり、食事付き。保育施設完備」と書かれている。10代、20代の若い女性の貧困化が進んでいる。

アベノミクスの成長戦略では女性が輝くことがうたわれているが、なぜ若い女性の貧困が加速しているのか。キャスターの国谷裕子は「若い女性の多くは正規雇用で働くことを希望しています。

しかし、現実は若い単身女性3分の1、110万人が年収114万円未満の貧困層と見られます。この背景には、若い女性は結婚すれば家庭に入るという考え方が、世間にも本人にも色濃く残り、若い女性たちの貧困問題を見えにくくしています」と語った。

3つの仕事掛け持ちしても月に10万円

埼玉県在住の鷲見千寿枝さん(19)は時給が高めの朝5時半からと深夜にコンビニエンスストアでアルバイトをしているが、それでも月収は5万円前後だ。「母親は体調を崩して寝たきり状態なんです。

毎月1万円を母に渡していますが、この生活から抜け出したいです。夜間の保育士養成の学校に入ることに決めたけど、入学金が5万円、毎月の授業料が8万円。奨学金に応募したが、将来どうなるかわかりません」と不安でいっぱいだ。

国谷「かつては、10代から20代の正規雇用で働く女性の割合は過半数を占めていました。しかし、現在は非正規雇用で働く若い女性の割合は57.5%と男性の2倍以上だといわれています」

青森県から上京した19歳の女性は、朝10時からファミリーレストランで働く。午後はピザ屋のバイト、夜は深夜までスナック勤めだ。「きょうもいっぱい働いた気がするんだけど、それでもバイト代は月に10万円前後です」とうつむく。

「いずれ結婚して子供を産むという考えはありますか」と聞かれ、「私1人だけでもこういう状態。とても想像できません」と声を落とす。

若い女性の貧困で働き方に異変が起きている。首都近郊にある風俗店の求人に応募した30代のシングルマザーはなさんは、20代の頃も風俗店で働いていた。その後、転職したが体調を崩し退職してしまう。

「生活保護を受けようと何度か役所に行きましたが、判定までは時間がかかると言われ、そんなに待てないと思い、自分で働くことを考えました」と古巣に戻ってきた理由を語った。

取材を担当したNHK報道局記者の村石多佳子はこう解説する。「風俗店の仕事は見知らぬ男性と1対1となり、何が起きるかわからないという危険もあります。それでも風俗店で働くのは、店の雰囲気も良く、居心地も良いという依存する心理が働くようです。

風俗店で働く若い女性の中には、育った家庭環境が厳しかった、家庭崩壊をしていたという女性が多く見受けられました。現代社会の階層化が進行していることを実感しました」

引用 http://www.j-cast.com/tv/2014/01/28195269.html

しかし、独身女性だけの話ではありません。

結婚をしたものの、出産をきっかけに、一度は仕事を離れて専業主婦になるといった女性は多いと思います。子育てが落ち着いてきたころ、もう一度仕事に戻ってみようと考える主婦の方の頭をよぎるのは、「すぐに仕事が見つかるかどうか」、「ブランクを埋めるのは大丈夫か」という不安が多いのです。

シングルマザーの貧困問題

母子家庭の貧困率は5割を越え、就労による収入は平均181万円です。これは子どもがいる他の世帯に比べて400万円低く、その5割以上が非正規雇用。仕事を掛け持ちして暮らしている人も少なくありません。

引用 http://www.nhk.or.jp/hearttv-blog/2700/186798.html

これからは、女性も男性に負けないくらいの収入を得ることが大切になっていきます。

資格を取ることでどんな良いことがあるのか?

●収入面も安定し

●小資本で起業できる

●欲しい物も買える

●旅行も行ける、

●時間も自由、

●会社にリストラされることもない

自分の技術だけで一生食べて行ける

●定年が無い

スクールを開校出来る

スウェディッシュマッサージの資格を取ろう~

興味がある方は当swedish massage スクールへ!!

シェアよろしくお願いします!

フォローよろしくね

おすすめの記事

コメントを残す