市販のブリーチ剤で綺麗に色を抜く方法

市販のブリーチで上手にセルフブリーチ(脱色)する方法を教えます!!市販のブリーチ(脱色)って自分でするとムラになったり、根元だけ金髪になったりした経験はありませんか?素人の方でもわかりやすく綺麗にブリーチする方法を説明します!!

◎市販のブリーチで自分でしたいと思っている方に、わかりやすくブリーチのやり方を解説します!!

自分(セルフ)で市販のブリーチ剤でキレイにムラなく染める方法ってあるの?

まず、ブリーチをする上で理解しておかないといけないことがあります。

それは、『ブリーチはおしゃれ染めや白髪染めのように色が入らないってこと!!』

基本的にブリーチは髪を脱色するときに使用します。

<おもにブリーチ剤を使用するケースってどんな時?>

●メッシュやウィービィングする時に使用します。

(細くバーコード状に髪をすくいブリーチ(脱色)をする)

●おしゃれ染めのベースにするために色をブリーチ(脱色)する。

(脱色をした上に、お気に入りの色味のおしゃれ染めをすることで色味を強調したハイトーンカラーができる。)

だだし、色味はすぐに抜けやすいです。(1週間くらいかな?)

セルフカラー(市販のブリーチ剤)できれいにブリーチ(脱色)する方法!

◆ここでは、ウエラのノンダストブリーチを使用する場合のやり方について説明します。

◎ブリーチは1剤と2剤(過酸化水素水)を混ぜるとすぐに反応が始まります。

時間が経つとカピカピになり、薬剤が堅くなって塗布しにくくなる上、乾燥しやすくなりますので出来るだけ調合したら早めに髪に塗布しなければりなりません。

ムラ染めにならないようにするためには時間が勝負になりますので、”ハケで髪をコーミング”しながら手早く塗布することを心がけてください。

まず、クリップなどで染めない部分は留めておいて下さい。襟足の部分から根元2㎝を残し毛先まで一気に塗ります。

◆バージン毛の場合は塗布量を毛先にいくほど量を少し多めに塗布して下さい!

ブリーチは塗布量にムラがあると脱色がムラになりやすいので、染める前の髪の状態を見て塗布量を調節するように。

注意:もともと、カラーリングをしていて、毛先がすでに明るい場合は中間部分より毛先を少なめに塗布。

あとは、どんどん上に進んでいき、サイドも根元2㎝を残し下から上に進む。

中間、毛先が塗布出来たら、今度は、襟足の根元部分から上に塗布していきます。

根元付近は体温が伝わり易いため脱色しやすいです。したがって、そんなにブリーチ剤をたくさん塗布しなくても十分明るくなります。

サイドも下から塗布して最後に頭頂部を塗布したら終わりです。

ラップして10分から20分置きましょう!

ラップは透明なのでどれくらい脱色していくかわかりやすいと思いますので様子を見ながら自然放置しましょう。

参考までに、髪が太くてメラニン色素が濃い方は時間かかります。塗布量は多めに塗布すること。

時間も”様子を見ながら”やや長めに置きましょう。

15分~30分まで。

ブリーチは30分以上は置かないで下さい。髪が傷むだけです。

逆に髪が細くメラニン色素が薄い方はブリーチの塗布量や時間は短かめにして下さい。

”様子をみながら”10分~20分くらいまで。

ブリーチをするにあたってリスクもあるってことを知っておいて欲しい!

参考記事:

ブリーチは髪がハゲる?

ブリーチした髪に黒染めをしても色抜けするのはなぜ?

美容師お勧めのブリーチ剤です!

ウェラ ブリーチノンダストは市販で販売されているものより、より安全にブリーチできます。

こちらのウエラブリーチ剤は市販ではなくサロン専売のものです。

オススメです!!

30g×12袋

1剤の量に対して2剤は倍の量を調合します。

例 1剤 30g  2剤 60cc

目安 ショートヘアなら 1剤 60g 2剤 120ccになります。

当店でもこのブリーチ剤を使用しています。使いやすく1回でハイトーンに出来ます!是非、一度お試し下さい

注意:タイトルには『市販のブリーチ剤でキレイにブリーチする方法』と書いてますが、楽天さんで販売されているので、あえて市販のブリーチと書かせて頂きました。ご了承下さい!!

シェアする

フォローする