記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

”がん(癌)”や”三大疾病”にならないために飲むプラセンタ!

記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

PLASENTA

ガン癌や三大疾病(ガン(癌)、脳卒中、心筋梗塞)にならないためには、まずは自分の免疫機能を上げなければなりません。免疫低下の状況下では1日5000個も体内にできると言われるガン細胞と戦えないということです。では、どうすれば免疫力を上げれるのか?今、注目されている免疫力がアップする”プラセンタ”をご紹介します。

なぜ、人はガンやいろんな病気にかかってしまうのか?

癌(がん)、膠原病、アトピー性皮膚炎、糖尿病や高血圧の生活習慣病、心疾患、慢性の腰痛やひざ痛などの大半は、無理な生き方によるストレス”が引き起こした自律神経の交感神経の過緊張で起きやすいと言われてます。

ストレスを長い時間過剰に受けると顆粒球増多になり、その結果、増えた顆粒球が活性酸素を放出して体内の細胞を破壊します。

そこで破壊された組織は頑張って細胞の分裂、増殖を行い修復しようとします。しかし、これを繰り返すことで細胞内で細胞増殖を調節している遺伝子が異常をきたし、

異常をきたした遺伝子が、ガン癌細胞を作る指令を出す遺伝子に変化して『発ガン(癌)』しまうのです。

通常、健康な状態の体内でもガン(癌)細胞は1日5000個出来ては消えていきます。

これは白血球のリンパ球が毎日、毎日がんばってガン(癌)細胞を退治してくれているから。

しかし、免疫力の低下でこのリンパ球がガン(癌)細胞を1つでも退治できなかったら、”発ガン(癌)”してしまうわけです。

ガン癌にならない、ストレスに負けない体を作るための解決策として

今、医学会でも注目されている『プラセンタ 胎盤』です。

国際抗加齢免疫医学学会が推奨している『プラセンタ エクセル』

PLASENTA

そもそも、プラセンタって何?

プラセンタ(胎盤)とは精子と卵子が結びつき、小さな受精卵になるところから始まります。これが二つに分かれ、

一つは”胎児”となり、もう一つは”プラセンタ”となります。

この時、”胎児とプラセンタをつないでいるのが、さい帯(へその緒)”です。

このさい帯を通して胎児はすべての栄養をもらい、体が作られていきます。

300日かけて脳、心臓、骨などのすべての部分がプラセンタによって作られるわけです。

プラセンタに含まれる主な成分

□タンパク質

□活性ペプチド

□アミノ酸

□コレステロールなどの脂質・脂肪酸

□グルコースなどの糖質

□各種ビタミン

□ナトリウム、カルシウムなどのミネラル

□DNA・RNAなどの核酸

□ヒアルロン酸などのムコ多糖類

□酵素

プラセンタの効用

□自律神経のバランスを整える

□肝臓の働きを強める

□基礎代謝の向上、新陳代謝の活性化で細胞や器官・臓器の活動を活性化

□免疫力を強化し、抵抗力を高める

□炎症を抑え、壊れた組織の修復を促進する。

□内分泌系のバランスを整え、ホルモンバランスを調整する

□活性酸素を除去し、酸化を防ぐ(アンチエイジング)

□造血組織を刺激して、血流を良くする

プラセンタはそのすばらしい効用が認められ、

現在、世界60カ国以上の国で治療薬として認可されています。(ヒトプラセンタを原料とした治療薬を使用)

本当にプラセンタがガン(癌)予防や治療に効果があるの?

『肝臓がん』

肝臓ガンは化学療法が効きにくいと言われています。また、抗がん剤などの薬を併用すると、副作用が強く出てしまいます。しかし、プラセンタで治癒を加えれば、副作用が出ずに、ガンの進行を止めることが証明されています。

『肺ガン』

肺ガンの転移についてもプラセンタの効果が証明されました。転移に効く抗ガン剤が無いなか、半分以下に抑えることが出来たため、優秀な結果であることが評価されました。

『乳ガン』

免疫が作用されていない『ヌードマウス』に、ヒトの乳ガンの細胞を移植。

そのマウスにプラセンタを投与するという実験が行われました。その結果、プラセンタを投与しない場合より、

投与した場合の方が5分の1も乳ガンが縮小したのです。

ヌードマウスを使ったことから免疫によるものではないとわかります。

この実験により、プラセンタがヒトの乳ガンに効果があると証明されたのです。

『白血病』(血液のガンと言われています)

白血病にもプラセンタを用いた実験を行ったところ、白血病を治療しないまましておくと、

生存率は28日目18%で。しかし、プラセンタを投与すると、60%までまで伸びるという結果かでたそうです。

この実験の結果によりプラセンタによる延命効果が証明されました。

あと、効果があったもの

胃潰瘍、皮膚ガンなど。

プラセンタ・エクセルが他社の製品と違うところ

プラセンタ・エクセル(サプリメント)は原材料そのまま使用しています。

”プラセンタ 99% カプセル 1%

低温殺菌

胎盤は臓器であるため、製品化するまえに必ず加熱処理をしなければなりません。

しかし、胎盤に含まれている良い成分は高い熱で簡単に壊れてしまうのです。

そこで、国際抗加齢免疫医学学会の研究で・・・無菌の豚を使うことで65℃以下の殺菌に成功しました。

品質のと安全性』

せっかくの良い成分をよけいなものと混ぜてはいけない!!

そういう思いから防腐剤、酸化防止剤などの人体に良くないものは

”一切入っていない”

その証に、この製品には消費期限があります、だからこそ決められた正規販売店で日光や温度に注意しながら保管、販売を行っています。

TVや雑誌等で宣伝(通販)されている

『プラセンタ』

考えて見て下さい。

通販番組で芸能人を使い大げさにこのプラセンタの売り込みをしていますが出演している芸能人のギャラ芸能事務所と3年契約(しばらくの間は他社の同等商品イメージキャラクターになれないようにする為)

●放送のTV局に支払われるお金(1000万円~3000万円)

●コールセンターの確保

●物流の確保

●多数の在庫

以上の多大な経費を使い全国に放送・販売を行っている。

コレだけ経費がかかって”9980円”などで売られている”プラセンタ”っていったい原価いくらなんでしょう?・・・・

実は、ほとんどの製品は原価率を下げるために『大量の水』で原料を溶かして薄められている。

”濃度が濃い”などとは言っているが実際は原料を大量の水で薄め”使用日時・品質保持のために”大量の防腐剤”を使用しているというのが現実です。

本物のプラセンタで免疫力を上げ、ガン(癌)や三大疾病にならない体を作りましょう!!

プラセンタエクセル(サプリメント)は当店でご購入出来ます。

お問い合わせは以下のフォーム必要事項を入力して送信して下さい

( 住所)

大阪府東大阪市鴻池元町11-3

美容室マジィ

TEL0120-46-4710

代表  高場 康成

記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

フォローする