記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

美容院の開業資金(出店費用)を何処でどのように調達する?

記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

美容院の内装

これから美容院を開業しようと考えているという方。開業資金は十分ありますか?自分で事業をするには十分な資金が必要になってきます。この資金をどこからどのように借り入れするかが重要だ。

しかしながら、美容師が自分で開業資金を貯めれるのはかなり難しいところ。

だって雇われでは年収所得が少ないですからね・・・ボーナスなんてほとんど無いに等しいだろう。

その上、講習費・服代・レッスン用のウィッグ代などが毎月というほど出費になる。

では、どこで開業資金を調達するかになってきます。

美容室だけではなく、自分で商売を始めようとする方は、金利の易い公的機関から借り入れをするかと思います。

それは、国金です!! 正確には日本政策金融公庫

しかし、この国金に行って『美容院を開業したいから1000万貸して下さい!』なんていきなり言っても貸してくれるわけがない。

まずは、国金に行き借り入れの申し込み用紙をもらいに行くとこから始まる。

しかし、この時点ですでに自分の借りたい店舗の賃貸契約、保健所に開業届を提出、改装工事見積もり、改装工事開始を済ませておく必要がある。

申込み用紙に借り入れ希望金額記入

●運転資金 ○○○万 円

運転資金とは開業してからの当面の予備資金やチラシ代、従業員の給料など

●設備資金 ○○○万 円

改装工事費、器具など設備に必要な資金。

事業内容・事業計画、連帯保証人、その他を記入

あと、必要なもの

美容師の免許・印鑑証明・住民票・収入印紙(借り入れOk!が出た場合に必要)など

この時に、美容組合員なら美容組合からの推薦状があれば一緒に提出

これがあれば、通常より金利が少し安くなります。前もって美容組合に加入しておいて推薦状をもらっておくのはある意味有効だと思う。

美容組合の組合員なら健康保険も安いです、収入に関係なく定額。

申し込み用紙を記入したら国金に行き、融資の窓口で提出。

提出してからおよそ、1週間以内に国金の融資の担当が決まり面接の日にちのお知らせがハガキで来る。

さて、融資をしてもらえるかもらえないかはこの面接にかかっている。

融資の担当にいろいろ質問されます。

●お店のコンセプトは?

●ターゲットはどのくらいを狙っているか?

●あなたのお店の武器は何かありますか?

●自己資金はどのくらいあるか?

自己資金が多いほど有利だ。融資希望額の半分以上ある方が良い。

●連帯保証人を頼める人はいるか?

市民税など滞納していないか?滞納したことがあるか?

公的機関なので市民税を滞納していると融資は難しいカードローンがあるなどもマイナス要因だ。

”めちゃくちゃ緊張します(笑)ヘビににらまれたカエル?みたいな・・・”

面接が終わると、あとは家に帰って審査待ちになる。1週間くらいだったかな。

審査待ちの間はハッキリ言って眠れない日が続く、融資が下りないと改装費やチラシその他もろもろを払えないからだ。

最近、美容器具(メーカー)の大広さんの方から聞いた話だが、

美容院って器具関係(セット椅子・シャンプーブース・シャンプボール・ボイラー・加温器)

は大体、リース契約が多いのだが、このリースの審査に落ちてしまう方が多いと言ってた。

このリースの審査に通らない方はまず、国金の審査にとおるは難しいかもしれない。

◆お店を出店したいと思うのなら、とにかくカードローンなどの借り入れは返済しておく、市民税などの税金は滞納の無いように。

クレジットカードなどの支払いも滞らないようにしておくことが重要だ!!

ちなみに、私は30歳でお店を出したのだが、国金に出店費用1000万借り入れの申し込みに行ったとき、

自己資金たったの200万しか無かった。おまけにこの200万は店舗の保証金に消えてしまっていたので実質0円

案の定、国金の融資担当から担保を出して下さいと言われ親に泣きついて親の家を担保に1000万無事借りれたのである(笑)

あまりにも、無計画過ぎたのを反省しております。

この記事をご覧になっている皆さんには、頑張って自己資金を貯めて少し余裕を持って出店して欲しいと思う!!

記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

フォローする