シェアよろしくお願いします!

濡れている(ウェットカット)状態で髪を切るのはなぜ?

ウェットカットする美容師

美容院でシャンプーのあと、濡れたまま(ウェット状態)カットするのはどうしてでしょうか?乾いているときの私のくせ、わかってるのかな?なんて心の中で思ってたりしませんか?

濡れている(ウェット)状態でカットする理由

ウェット(濡れている状態)の髪は水素結合が切られるため、ドライ(乾いた状態)に比べて髪が柔らかくなっています。

その分、少ない力で切れるので、髪の負担を減らすことができるんですよね。

でも、ウェットだと髪のクセが伸びてしまい仕上がりの状態がわかりづらいですよね?

『心配しなくても大丈夫です!!』

あくまでも、最初に髪を濡れている状態でカットするのは、ヘアスタイルを作っていくための下準備。

おおまかに、ヘアスタイルのフォルムを作るためなのです。

その後に、ハンドブローや大きめのブラシなどで軽くブローして,もう1度、ハサミを入れ今度はしっかりヘアスタイルを作っていく工程に入っていきます。

ここ最近は、ハサミ(シザー)も進化しウェットカット用やドライカット用もどんどん販売されています。

ちなみに私もドライカット用のハサミ(シザー)を主に使用しています。

『ここで質問です!』

『美容院で担当の美容師さんにウェットの状態でカットしてもらって仕上ったら思ってたよりも短くなってしまってた?・・・・』みたいな経験はありませんか?

とくに、クセがきつい方の場合はこういうケースはよくあります。

これは『水素結合』が関係しているんですよ。カットする時にウェット状態の髪をあんまり引っ張って(テンションをかけ過ぎる)カットしてしまうと乾かしたときに短くなります。

濡れていることでやわらかくなっている髪はドライよりも伸びやすい状態になっているということ。

だから、基本的にウェットカットの時は『ノンテンション(あまり引っ張らない)』で切ることがとても大事になりますね。

ブロー後、仕上がりがイメージよりも短くなってしまった場合は、引っ張るときの力が強すぎた証拠です。

このように結合のしくみをちゃんと知っていれば”切りすぎた”防ぐことができるんですよね!

もっと、詳しくウェットカットとドライカットの違いについて知りたい方は以下のリンクよりお入りください!

関連記事

ドライカットとウェットカットに違いとは?

まとめ

◎髪が塗れている状態(ウェット状態)でカットする理由は、髪は水素結合が切られるため、ドライ(乾いた状態)に比べて髪が柔らかくなるので、少ない力で切れるので髪の負担を減らすことができるから。

◎ウェットカットをする時は、余計なテンションをかけてはいけない。

◎最初に髪を濡れている状態でカットするのは、ヘアスタイルを作っていくための下準備。

『ワンポイントアドバイス』

前髪は、すぐ伸びるから自分(セルフカット)でカットするって方結構多いです。

◎自分で前髪切る場合は、髪が乾いている状態で軽く櫛でとかし、指で持たずにフリーハンドで切ると短くなりすぎることはありませんよ!

シェアよろしくお願いします!

フォローよろしくね

おすすめの記事