記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

パーマの時、なぜ先にカットしたり後でカットしたりするのか?

記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

ウェットカットする美容師

美容院に行くと、美容師さんがパーマの時、先にカットしたり、パーマの後でカットしたりするかと思います。先と後ではどんな違いや効果があるのでしょうか?

『スタイルによっては、パーマの前にカットする場合とパーマをかけてからカットする場合があります。』

”なぜだか知っていますか?”

『パーマの時に先にカットしたり、後でカットするのにはちゃんと理由があります。』

パーマの後でにカットするのはどんな時?

ヘアカラーやパーマを頻繁にかける方は、パーマをかけた後の毛先のダメージがどうしても心配です。

パーマやヘアカラーを繰り返しされている方の毛先はとても繊細です。

パーマやヘアカラーによるダメージを受けやすいのです。

”ショートヘアの場合なんかは特にそうですね”

”ロングヘアの場合は、余程のダメージがない限り、アフターカットはないと思います”

ショートヘアのパーマは基本的にのカールが根元がしっかりかかっていればそれで十分だと思うんです。

今時、きつくかかったパーマをアミカーラーで巻いてセットしたり、くるくるドライヤーでブンブンブローする人は少ないですからね。

シャンプーのあと、しっかりタオルで拭き取って根元(地肌)を良く乾かして、地肌や根元の髪が乾く頃には、中間・毛先もほとんど乾いているでしょう。

あとは、少し湿った中間・毛先を軽くハンドブローするだけでちゃんとトップにボリュームが出て綺麗に流れる。

『これが理想的なパーマなのです!!』

しかしながら、パーマやヘアカラーを頻繁にかけている髪は、根元付近と毛先の髪の健康状態は全く違います。

根元の方の髪は、まだ最近生えてきた髪でも、毛先はずいぶん前に伸びてきた髪。

根元にしっかりパーマをしっかりかけようとすると根元部分より毛先の方がパーマがかかりやすいので、どうしても毛先がきつく(チリつく)なってしまいます。

このように、パーマを根元から毛先まで均一にかけるのはとても難しいわけです。

そこで、先にパーマをかけ根元がしっかりかかったら、毛先のよくかかっている部分をカットすることで毛先の傷んでいる部分も取れるし、毛先のパーマのチリついている部分もとれちゃうので”一石二鳥”なんですね。

パーマ前にカットをするのはどんな時?

ほとんど、セミロングやロングヘアーの場合は、先にカットをする場合が多いと思います。

(よっぽど、ダメージがある場合を除いては)

それは、セミロングやロングヘアーの方は、ほとんどがウェーブをそのまま出すスタイルが多いから。

従って、ある程度パーマロッドを巻く特にどの辺の位置からどのようなカール(大きなカール、細かいカール)を出すかを計算して巻いているので後でカットしたりすると、

ウェーブの途中で髪がカットされたりするため、下手をすると”尻切れトンボ”になっちゃって毛先が落ち着かないこともあります。

パーマのチェックカットは最後にする

ショートヘアでもミディアム、ロングスタイルでも、パーマをかけて髪を乾かして仕上がった後にもう一度、カットする場合があります。

これを『チェックカット』と言います。

『チェックカット』とは、仕上がった状態(乾いている)状態で、切り残しや毛量調節を最後にチェックして切ることです。

パーマをかける前と、かけた後では長さやボリュームが全然変わってきます。仕上がった後で、いらないボリュームをとったり、長さの最終チェックをすることでヘアスタイルを完璧にしあげるんですよね!

記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

フォローする