一人ひとり施術の時間が違うのはなぜ?

”かかりにくのでもう少し””染まりにくいのでもう少し”って美容師さんから言われたりしたこと・・・ありませんか?なぜ、人によって仕上がりに時間の差ができるのかを説明します。

なぜ、人によって施術の時間の差がでるのか?

美容師さんがヘアカラーやパーマの時にチェックしていますよね?

”よく、もう少し時間を置きます”って言われませんか?

少し不安を感じる方もいらっしゃると思います。(笑)大丈夫ですよ!

実はパーマのかかりやカラーの染まる時間には個人差あります、それはキューティクルの枚数の違い、髪の太さの違いがあるからなんです
キューティクルは普通5~6枚がうろこのように重なっているんですが、枚数の多い場合があります。

すると、ダメージとは関係なくパーマがかかりにくい、ブリーチしにくい、傷みにくいといった違いがあるんです。

冬の重ね着のようにしっかり体を包んでいると、脱ぐのにも時間がかかるというわけですね!

特に髪が太い場合、キューティクルは厚くてしっかりしています。
反対に細い髪の人は、キューティクルのバリア機能が弱く、ダメージを受けやすいタイプです。

歳をとると髪が傷みやすく感じるのは、毛が細くなっていくからでしょうね。

そして、髪の『太い、細い』が『硬い、やわらかい』という感触の違いになるのです。

人の顔が一人ひとり違っているように、髪にもそれぞれの個性があるということですね!

美容師はそういった個性を観察して、技術や薬剤の選び方を変えているのです。

シェアする

フォローする