パーマはどんなしくみでかかるの?

パーマをかけるとウェーブになったりカールになったりしますよね?パーマロッドの大きさや形にのよってウェーブやカールの大きさも変化します。では、なぜ髪の形状がなぜ変わるのか?その理由について説明します。

美容師の私たちは、お客さんにパーマを当たり前のように毎日かけていますが、一般の方は、パーマをかけるとウェーブなったりカールになったりするのが不思議だと感じているのではないでしょうか?

どのようなしくみでウェーブやカールになるのかを現役の美容師がわかりやすく説明します!

パーマがどのようにかかるのか?しくみについて

それは薬剤の働きで髪の中にある間充物質(ケラチンタンパク質)と繊維質のS-S『シスチン』結合の結びつきが、切れたり離れたりするからです。

このS-S結合は、髪の形をキープする役目を担当しています。

では、どんな風に作用するのでしょうか?

パーマ液も1剤と2剤からできていて、それぞれ作用が違います
まず、パーマ液は1剤がS-S『シスチン』結合のつながりを切ってくれます。

すると、髪の中で繊維をまとめている間充物質(ケラチンタンパク質)が、トロトロしたやわらかい状態へと形を変えるんです。これがS-S結合が切れた状態。次にパーマ液の2液をつけます。

すると、1度切れたS-S結合が2剤によってまたつながり、クセづけした形をキープしてくれるんです。

パーマをかける時って、まず、パーマの1剤をつけますよね?

これはまず、髪の結合を切ることから始まり、

その後、ロッド巻き

時間を置く(10分~15分)巻いたロッドのウェーブが出ていれば2液で固定(結合をつなげる)させる作業をするのです。

また、時間を2液2回にわけて2度つけして10分+5分程度置いて、ロッドアウトで終了です。

『つまり、髪のスタイルに合わせて、間充物質と繊維質の結合する位置をコントロールするのが、パーマをかけるってことなんですね!』

溶かした材料を型に入れて固める、デザインづくりのようなイメージなりますね。

どうでしたか?わかりましたか?

参考記事

パーマは時間がかかるのはなぜ?時間がかかり過ぎる原因とは?

まとめ

パーマがかかるしくみは、

1剤で、髪の中のS-S結合を1回切って、パーマロッドの形を覚えさせ、2剤でその形に記憶させるという感じの方がわかりやすいかなと思います。

ウェーブやカールの大きさもパーマロッドの太さや巻き方を変えることで自由自在にデザインできるんですよね!

シェアする

フォローする