シェアよろしくお願いします!

パーマのもちは何ヶ月?1度かけたらどのくらいの期間持つの?

パーマロッドを巻いた女性

パーマの持ち(もち)は何ヶ月もつ?1回かけると、どのくらいの期間(何ヶ月)もつ(持つ)のだろう?きつくかけたパーマは長持ちして、ゆるいパーマはもたないイメージ。パーマの種類によっても、もちは違うの?・・・実際は、何ヶ月ぐらいもつのものだろう?

パーマのもち(持ち)は何ヶ月間??

『これは、パーマの種類やウェーブの大きさによっても変わってきます!』

ゆるふわパーマなどの大き目のウェーブは何ヶ月もつ?

◎ゆるふわパーマなどの大きめでゆるいウェーブなら1ヶ月~1ヶ月半のもち(持ち)。

(パーマの薬剤はチオ系の場合)

細かめのウェーブやカールは何ヶ月もつ?

◎ある程度細かい(しっかりきつめ)ウェーブなら2ヶ月~3ヶ月はもつ(持つ)。

(パーマの薬剤はチオ系の場合)

デジタルパーマは、何ヶ月もつ?

◎デジタルパーマなら3ヶ月~6ヶ月くらいもつ(持つ)。

化粧品扱いになるコスメ系のパーマは何ヶ月もつ?

◎コスメ系(サルファイト)のパーマなら1ヶ月くらいもつ(持つ)。

縮毛矯正パーマは何ヶ月もつ?

◎縮毛矯正パーマはかけた部分は半永久的にストレート。

しかし、3ヶ月ほど根元が伸びてくるので、それぐらいの時期にまた縮毛矯正をかけ直しした方が良い。

美容院でパーマをかけてからどのようにパーマがとれて(落ちて)いくのか?

一度かけたパーマのウェーブの形状はS→C→J→Iカールへと変化していきます。Sから最終的にIにウェーブやカールが変化(落ちていく、とれていく)していくってこと。

●日にちが経つににつれて、ゆっくりとパーマのウェーブはとれて(伸びて)いきます。

しっかりとしたパーマはS字を描くカール(ウェーブ)、それが伸びきるとI字(ストレート)という流れですね!

I字になるというのは、パーマのウェーブがストレートに近づいていくということです。

ウェーブをかけたことがある方なら、お分かりいただけると思います。

このSカールで2ヶ月Cカールなら1ヶ月のもち(持ち)、というのが『美容師の見解なんです!!』

もちろん個人差もありますが、たくさんの人の髪を見続けた結果です。

パーマがかかるしくみとパーマがとれて(落ちていく)いく理由

なぜ?このようにパーマがとれていく(落ちていく)のでしょうか?

パーマがどのようなしくみでかかって、パーマがとれていく理由については以下に記事に詳しく書いてあるので興味がある方は是非見て欲しい。

参考記事

どうしてパーマがかかるの?

なぜパーマはとれる(伸びる)のだろう?

現在、主流になりつつあるコスメ系パーマ、サルファイトパーマ

ちょっと前までは『パーマをかけると3ヶ月はもつ(持つ)』といった流行りもありましたが、『最近の傾向は1ヶ月もつ(持つ)スタイルもOK!という時代です。

実際、美容院で使用されているパーマの薬剤も、より髪にやさしくダメージの少ない、コスメ系サルファイト系)に移行していっています。

コスメ系やサルファイト系のパーマはより自然で、大きいウェーブやカールのニュアンスを楽しめるのです。

参考記事

サルファイトパーマ(コスメ系)のとカーリング剤って何?

クリープパーマってどんなパーマ?

より自然で、ウェーブやカールのニュアンスを楽しめるサルファイトパーマ(コスメ系)パーマですが、デメリットもあるのです。

持ち(もち)が悪いです。1ヶ月ほどでパーマは落ちます。

参考記事

サルファイトパーマ(コスメ系パーマ)はどうしてカールがダレるのか?

デジタルパーマや縮毛矯正などのパーマは長持ち

デジタルパーマ系(特殊)などのホット系パーマは長くて”3ヶ月~6ヶ月”までもつ場合があります。

経済的な面(コストパフォーマンス)やパーマのもちについては、圧倒的にデジタルパーマに勝るものはないです。

しかし、デジタルパーマなどのホット系のパーマは髪とっては、かなり『リスク』があるってことを知っておいて欲しい。

参考記事

デジタルパーマと髪の傷みについて

まとめ

今の時代、強くかけて長持ち(パーマの持ち)させるより、『自然なスタイルでこまめに手入れするのが今の主流』になってきているということ。

”大きなウェーブでパーマの質感、表情といったニュアンスを出す!!”といった感じのヘアスタイルが流行りと言えます。

そんなお客さまのファッションセンスをサポートするために、美容師はお客さまのライフスタイルとイメージにあったスタイルを提案しています!

シェアよろしくお願いします!

フォローよろしくね

おすすめの記事