シェアよろしくお願いします!

ヘアカラーにはいろんな種類があるの?

カラフルな髪の色をした人形

一言でヘアカラーと言ってもいろんな種類があります。ヘアカラーの種類とそれぞれの特徴について現役美容師が説明したいと思う。

ヘアカラーの種類ってどれだけあるの?

ヘアカラーの種類は、大きく分けると「一時染毛剤」「半永久染毛剤」「永久染毛剤」の3つ。

名前でなんとなくイメージが伝わるかな?

「一時染毛剤」カラースプレーなど、シャンプーで落とせるもの。

「半永久染毛剤」は髪の表面を染める薬剤でヘアマニキュアがそうです。

「永久染毛剤」は白髪染めおしゃれ染めど、髪の芯まで染める薬剤。

それぞれの違い、お分かりいただけましたか?

さらに詳しく見てみると、『ヘアカラー(永久染毛剤)は、ブリーチで髪を明るくして色を変えることができるか、できないか』で、大きく2パターンに分けることができるんです。

ひとつは「アルカリカラー」といって、ブリーチ力があり髪を明るくしながら染まります。ただし、アルカリ性なのでダメージする可能性があります。

白髪染めやおしゃれ染め

もうひとつは「弱酸性ヘアカラー」

ヘアマニキュア

ヘアマニキュアはブリーチ力は無いので、髪を明るくはできないのですが、弱酸性のため、ダメージはほとんどありません。

髪は弱酸性(pH4,5から5,5)で安定するので、髪のダメージを気にされる方は、メンテナンスカラーとしても活用できます。

弱酸性タイプのヘアカラーは美容室だけのアイテムなんです!

シェアよろしくお願いします!

フォローよろしくね

おすすめの記事