パーマをかける時に使う、紙みたいな物と棒みたいな物って何?

美容師さんがパーマを巻くときに使っている、白い紙見たいな物とロッドを巻き終わった時に、ゴムとロッドの間に棒みたい物を刺していますよね?何のために使うのでしょう?パーマの時に使用する小道具と用途について紹介します。

パーマに必要な小道具

パーマをかける上で、かなり重要なアイテムです。

名前は『ロッド』と言います。

直径が大きいものからミリサイズまである。

お客さまが希望するウェーブの大きさにかけるために、たくさんあるロッドの中からチョイスしてワイディング(ロッド巻き)をしていきます。

大きいウェーブを希望される場合は、太めのロッドで巻きます。主にセミロングやロングヘアに使用することが多い。

ショートヘアの場合は、髪の長さでロッドをチョイス。主にトップは大きめのロッドで襟足の部分はミリサイズのロッドを使用する。



髪にロッドを巻いていくのに必須アイテムの名前は『ペーパー』と言います。

見たままです(笑)

髪にロッド巻くときに、これが無いと巻けません。

スライスと取り、コームで(くし)すくい取った毛束の上に乗せてぺーパーと髪をコームを使って同時にロッドに巻き付けていきます。

タイプとしては使い捨てのものと、洗って何度も使用できるものがあります。

ペーパーは、ロッドを巻くときに必要ですが、それ以外にパーマの1剤や2剤をよく浸透させる役目もします。

ゴム

パーマでロッドを巻いた後に固定するために使用します。

名前は『ラバー』って言います。

ゴムでいいやろっ!(笑)

ロッドを巻き終わった時に、、上の画像のように美容師さんがゴムとロッドの間にしているやつ、『Rスティック』

と言います。

何のためにこれをするのか?

スティックをしないと根元や髪の上にゴム跡が付いてしまうのと、1剤がゴム部分に溜まってしまい断毛するのを防ぐためです。



パーマの1剤や2剤を入れる物。名前は『スポイト』と言います。

1剤は。通常は温めないで使用します。

2剤はウォーマトロンなどで温めて使用します。

美容室で1剤の塗布するときは、冷たいでしょ?

2剤をつける時は、温かいはずだと思います。

パーマの1剤です。2剤です。

これをロッドに塗布しないとパーマはかかりません。

一言で1剤と言ってもタイプはいろいろあります。

チオグリ  コールドパーマと言われるタイプ

システィン

サルファイト系

ホットパーマ剤などなど

パーマ剤の選定は、お客さまの希望する『ヘアスタイル』や『ウェーブの質感』『ダメージの具合』によって美容師が適した薬剤をチョイスします。

シェアする

フォローする