シェアする

ヘアカラーをする習慣が未来の髪に影響(薄毛になる)する!

頭皮マッサージをする女性

パーマやヘアカラーを頻繁にしている人や、若い方でブリーチを頻繁にしている方は、近い将来に薄毛になる可能性があるかもしれない。将来、薄毛にならないように知っておいた方が良い!!

今、ヘアカラーやパーマしているからという理由ですぐに薄毛(ハゲ)になるわけではありません。

ただ、定期的にパーマやヘアカラーをすることで次世代の髪の毛に影響を及ぼす可能性はあるということです。

”コレでめし食ってるる美容師なのにこんなこと言っていいのかな(笑)あくまでも、薄毛を気にしている方の場合です!!”

パーマやヘアカラーをすることで次世代の髪の毛に影響を及ぼす影響とは?

女性の場合だと、個人差はありますが、『2回か3回生え替わってくるころにその影響が表面化する』ことがほとんどです。

女性の髪の毛すべてが生え変わるサイクルを4年~5年すると、1995年ごろからヘアカラーが急激に流行り始めました。

ちょうど2003~2004年ごろが2回目の生え替わるサイクルに入る人が多いと思います。

24歳くらいから染め始めたとしたら、29歳あたりが2回目の生え替わる時期ですが、きっとこの時点で24歳の頃と現時点での髪質の違いにきっと気が付くと思います。

また、『私は、天然100%ヘナで染めているから大丈夫!!』って思っている方も多いが、例え、ヘナであっても『あなたの頭皮や髪』にとっては異なのですから、天然だからと安心ということではないのです。

パーマや縮毛矯正も同様だと思ってください。髪の毛を傷めれば頭皮も傷めるし、ヘアカラー剤やパーマ液は頭皮や髪にとっては異物ですから、

『異物が頭皮に付着し残留すると頭皮にとっては負担になる』ということも覚えておいてください。

でも、ヘアカラーをやめられない人もきっと多いでしょう。

ですので、できるだけヘアカラー剤やパーマ液で頭皮が悪影響を受けない方法を教えちゃいます。

ヘアカラー剤やパーマ液で頭皮が悪影響を受けない方法!

まず、ヘアカラーで1番いけないのは、手軽で簡単にできるカラー剤を使うことです!!

誰にでも簡単にできるということは、その人の毛質や皮膚を考慮に入れず簡単に染まるのですから、作用や刺激が強くなるのです。

できれば、毛髪や頭皮のことを考えてヘアカラーを配合できる、私たち美容師にしてもらうのがベスト!!

どうしても、美容院に行く暇がなくて、自分でヘアカラーをする場合は、ホホバオイルとアルガンオイルで頭皮を保護したあとにヘアカラーをすること。

そして、お湯で頭皮を指の腹でこするように丁寧に洗います。そのあとに、1円玉くらいのシャンプーを手に取り、泡立てネットで泡立てて髪の毛のみを手櫛で梳くように洗います。

美容院でヘアカラーやパーマをかけたら頭皮ケアを!!

美容院でヘアカラーやパーマをかけて後に、スキャルプマッサージをして毛穴に詰まったパーマ剤やカラー剤の残留物を取り除いた方が良いと思います。

実際に当店のお客さまはそうされています。

間違えても、薄毛を気にしているのなら、『ヘッドスパ』をしないように!!

4年後、8年後、12年後のあなたの髪は今と同じ状態では、決してありません!!

以上のように、毛質を悪くしているヘアケアの習慣が、薄毛に大きな原因のひとつになっていることを知っておいて下さい!!

でも、しっかりと日ごろからメンテナンスすることで、将来薄毛になるリスクも減るということです。

<すすぎ方>

1)頭と髪の毛に残っているシャンプー剤をシャワーか風呂桶を使いお湯だけで流します。泡が切れるまでお湯だけで流します。

2)泡が切れてから、手の平と頭皮の間にお湯を貯めるようにしてゆすぎ洗いをします。頭皮にシャンプー剤が残らないようにゆすぎます。

3)指の腹で頭皮をまんべんなくこするようにして頭皮を洗い流します。

<現在すでに薄毛になっている方へ>

美容師が言うのも変ですが、薄毛を気にしているならヘアカラーはやめた方が良いと思います。まだ、早期の場合なら、薄毛を改善する方法もあります。是非参考にして頂ければと思います。

シェアする

フォローする