パーマとヘアカラーではどちらが傷みやすいのか?

美容院でパーマやヘアカラーをする場合、どちらの方が傷むのか気になりませんか?どっちがより髪に負担をかけてしまうのか?ヘアカラーの傷みとパーマの傷みの違いについて現役美容師が説明します!!

『結論から先に言うと、酸性カラー(ヘアマニキュアなど)を除いては”ヘアカラーの方がパーマより傷みまやすい!!”

注意:しかし、特殊パーマを除いての話です。(ツイストパーマ、ドレッドヘアパーマ、ホット系(パーマデジタルパーマ)、縮毛矯正など)を除いて

パーマよりヘアカラーの方が傷みやすい理由

『ヘアカラーの何が髪を傷ませてしまうのか?』

ヘアカラーの1剤には酸化染料・アルカリ剤・界面活性剤が含まれ2剤には過酸化水素が含まれています。

これらの薬剤が化学変化を起こすことで髪は染まります。

カラー剤1剤2剤が混ざることで、まずカラーの『発色』が始まります。

次に酸化染料がキューティクルを開かせて、髪に『浸透』します

この時、同時に髪がブリーチ(メラニン色素の分解、脱色)されて、髪が明るくなり色味が加わっていきます。

このブリーチ(脱色)するという作業は、『メラニン色素タンパク質を破壊する』と言う行為になります。

そのあとは、髪の中の間充物質(タンパク質)メラニン色素破壊されたままで中のタンパク質がどんどん外へ流出していきます。

あと、『私は白髪染めをしていて、ブリーチはしていないから大丈夫!』って方もいるかと思いますが、

”おしゃれ染め”はもちろんのこと、”白髪染め”にもブリーチ(脱色剤)は入っています。

だから、その認識は間違いです。

髪のダメージ(傷み)は、髪の明るさ(トーン)に比例していくということを覚えておいてください!!

すなわち、『白髪染めやおしゃれ染めで明るく染めれば染めるほど髪は傷むということです!!』

以上のことからもわかるように、『ヘアカラーで傷む!!』と言われるのがこの理由からなんですね。

参考記事

ヘアカラーの後、髪がパサつくのはなぜ?

パーマの傷みに関してはどうなのでしょうか?

●パーマの1剤(還元剤)で髪の結合(シスチン結合)を切ります。

●その後は、スタイリングにあわせてロッドに巻き、パーマの2液(酸化剤)で結合しなおす。(元の髪の状態に戻す)

100%再結合できない分、髪にダメージは残りますが、使用する薬剤の選定と前処理などの適切な作業をすれば、さほど傷む事無く出来るのがパーマです。

◎ヘアカラーは髪の”内部に作用”して、パーマは髪の”外部に作用”するということです!!

髪の外部からの作用より、内部からの作用の方が髪に負担(ダメージ)がかかるってことががお分かり頂けたかと思います。

しかし・・・例外もあります。

パーマの種類によってはヘアカラーと同じくらい傷む!

パーマの中にも、ヘアカラーに負けないくらい、髪にダメージを与えてしまうものもあるのです。

『ホット系パーマ』と言われるものです。

主にデジタルパーマ縮毛矯正などですね。

およそ、150℃~180℃もの熱によって強制的にカールをつけたり、くせ毛を真っすぐにするというパーマ。

熱によって、髪の内部ではタンパク変性を起こしやすくなる。

デジタルパーマや縮毛矯正は、1回や2回かけるくらいならまだマシだが、回数を重ねるほど、ヘアカラーに負けないくらい髪はダメージを受けます。

縮毛矯正をかけている方は、どのくらいの頻度ですれば良いのか気になるとこだと思うので以下の記事を参考にしてもらいたい。

参考記事

縮毛矯正はどのくらいの頻度(期間)ですれば良いか?

ツイストパーマやドレットヘアは、髪をネジって巻いたり、極細のパーマロッドを使用してパーマをかけます。

例えが悪いですが、ワザと傷ませるような感じのパーマになります。

まとめ

酸性カラー(ヘアマニキュアなど)を除いては”ヘアカラーの方がパーマより傷む!!”

髪のダメージ(傷み)は、髪の明るさ(トーン)に比例していく!!

パーマにも、ヘアカラーに負けないくらいダメージにつながるものもある。

ツイストパーマ、ドレッドパーマ、ホット系(パーマデジタルパーマ)、縮毛矯正など

シェアする

フォローする