パーマとれかけのカットは実は難しい

とれかけパーマの状態でカットする場合、パーマを残すカットにするか、パーマのウェーブを残さないカットするかで大きく変わってきます。実はパーマを残すカットは非常に難しいんです。

とれかけのパーマを残してカットをする場合

根元近くまでパーマがかかっていてウェーブがとれてきている場合は、ヘアースタイルはキープしたまま1cm、2cm切る(カットする)なら対して問題はないかと思いますが、スタイルチェンジを希望する場合は、ヘアースタイル選びとパーマのウェーブをどのくらい残してカットするかで、その後のスタイリングにしやすさにかなり影響してくる。

ひとつ間違えると、中途半端にパーマが残っているせいでお客さまがお家に帰ってからのお手入れに支障が出てくる。

『スタイリングがやりにくくなってしまった!毛先がハネる!上手くスタイリングできない!』というような感じだ。

とれかけたパーマのカットは、パーマのウェーブの切る(カット)する位置を間違えると髪は落ち着きかなくりやすい。ウェーブの中途半端の位置でカットしてしまうと髪がハネてしまい落ち着かなくなるケースが多いからです。

とれかけパーマでもメリットはあります!!

ボブヘアやロングヘアで毛先を内巻きにしたい場合に、毛先にCカールぐらいのウェーブを残してカットすれば簡単に内巻きスタイルが作れるというところです。

とれかけのパーマを生かしたヘアスタイルをチョイスすれば、わざわざパーマをかけなくてもカットだけで充分ヘアスタイルは作れるのです。

◎パーマ後のカットは、美容師さんの上手、下手がはっきり差が出ます。

”上手な美容師さんにカットしてもらうとカット後の方がお手入れが凄くやりやすかったします。腕の見せ所ってやつですね(笑)”

とれかけパーマを全部カットでなくしたい、長さをあまり切らずウェーブをすべてとりたい場合の方法

ロングヘアーで毛先だけにパーマがかかっていてウェーブがとれかけている場合に、残っているウェーブをすべてカットでなくしてしまうことは簡単にできます。

しかし、髪の長さがあまりない状態でとれかけのパーマとカットしてしまうと、かなり髪が短くなってしまったり、ヘアスタイルの幅が狭まるといったデメリットになりますね。

とれかけたパーマをとりたいけど、髪の長さはあまり切りたくないって方には、『ストレートパーマ』でパーマのウェーブをすべてとってしまうことをおすすめします。

ストレートパーマでパーマのウェーブやカールさえとってしまえば、髪の長さは自由に選べますからね。

関連記事

パーマの時、なぜ先にカットしたり後でカットしたりするのか?

パーマをかけた後のカットに行くタイミングはいつ頃が良い?

カットはどのくらいの頻度や間隔で行けば良いか?

まとめ

1度、パーマはかけてしまうといくら時間が経っても元通りのストレートヘアにはもどりません。

◎再度、パーマをかけ直すか、パーマのかかっている部分をすべてカットしてなくしてしまうか、ストレートパーマでストレートヘアに戻すか、この3通りになります。

パーマがとれかけて残っていても、上手くスタイルチェンジすれば1回のパーマで2通りのヘアスタイルが楽しむことができます。

いつも、担当してくれている美容師さんに『とれかけたパーマを生かしたヘアスタイルの提案をしてもらうと良いと思います!!

シェアする

フォローする