ケラチンパーマってどんなパーマ?形状記憶するってホント?

ケラチンパーマとはスーパーケラチン(高分子ケラチン)を使用して髪を形状記憶(形状記憶パーマ)させるパーマのことです。痛みも少なく髪に負担なくパーマがかけれるといったメリットがあります。

ケラチンパーマは、還元・酸化の化学反応でパーマをかけない!!革新的なパーマなのです。

チオグリコール酸アンモニア系・シス系の医薬部外品のパーマ、システアミン・サルファイト・チオ化合物の化粧品のパーマ、どちらもシスチン結合(還元・酸化)を切断してかけるパーマなので、どうしてもパーマをかけるたびに髪は必ず傷みやすくなる。

ケラチンパーマ(ピエテ)は髪が傷みにくいパーマ

通常のパーマ液(チオグリ系、シス系)は、パーマ後の残り臭・手が荒れる・セット(再現性)が難しいという問題によりパーマの需要は年々低下しています。

ピエテはパーマのスーパーケラチンを扱いやすく改良して、スーパーケラチンよりボリュームと弾力が出るパーマです。

ケラチンパーマのメリットとは?

◎形状記憶作用がある。

ロッド巻きの形状を記憶してパーマがかかります。
髪のタンパク質が髪の内部でデザインしたスタイルを記憶してパーマがかかります。
もっとわかりやすく言っちゃえば、生卵(タンパク質)が熱を加えるとゆで卵になるようにロッドの形にウェーブが固めてしまうといったイメージが近いと思います。

◎スティックは要らない。

ケラチンパーマ(ピエテ)は、ロッド巻く前に塗布するので、アクティブローション(ロッド巻いた後の1剤)を塗布しません。
従って、スティックは必要ありません。

◎アクティブローション無し

1剤を付け巻きするので、アクティブローションは不要です。
ロッド巻き後の、1剤塗布の時の薬剤が頭皮を伝って垂れてくる不快感はないということです。

◎フェースラインに保護クリーム不要

パーマのケラチンパーマ(ピエテ)は、アクティブローションを塗布しないので、保護クリームは不要です。

◎ノーキャップ

ケラチンパーマ(ピエテ)は、還元・酸化のパーマではないのでキャップは不要です。

◆通常のチオグリ系やシス系の薬剤は、還元・酸化を必要とします。

◎パーマの嫌なニオイは一切なし

オーバータイムがない関係でパーマ臭は一切しません。
シャンプーした後は、指でおしゃれなスタイルに仕上げることができます。

 ◎ダメージ毛でも安心してパーマがかけれる。

縮毛矯正やデジタルパーマなどでダメージがある髪でもスーパーケラチンの薬剤が髪の内部に作用して手触りがよくなります。

◎ヘアカラーとパーマを同時に施術できます。

通常のパーマのように酸化・還元を必要としないのでカラーと同時に施術ができるといったメリットがあります。

当店でも、実際にお客さまでカラーとパーマを同時施術を希望される方は非常に多いです。

何回も美容室に来なくても一回で済みますからね。

◎シャンプーの後は、荒いクシで軽くとかして、自然乾燥でOK!

◎パーマのウェーブ、カール形状記憶するためパーマもちが良いです。

個人差はありますが、1回パーマをかけると6ヶ月くらいもつ方もいます。

◆デジタルパーマなどの形状記憶パーマをかけるくらいなら、ケラチンパーマをおすすめします。

まとめ

ケラチンパーマは、スーパーケラチンでかける痛みにくいパーマです!!

スーパーケラチンパーマは、ロッドのカールやを形状記憶します!!

通常のパーマによる還元・酸化などの化学作用を必要としないためダメージが少ない!!

シャンプー後、自然乾燥するだけでヘアスタイルが決まります!!

パーマをかけた後の薬剤による残臭がない!!

シェアする

フォローする