白髪にパーマをかけたら黄ばむ?その対処法について

『白髪にパーマをかけたら黄ばんでしまった!』という実例があるが、一体その原因は?パーマで白髪が黄ばみの原因と黄ばみを抑える方法を教えちゃいます!

インターネットのお悩み相談によくこのような質問が書き込みされている

『パーマをかけたら髪が黄色く黄ばんでしまった!!なんとか直す方法はありませんか?』

という悲鳴の声です。

ん?・・・・・パーマで黄色く黄ばむ?・・・・

私は、美容師を長く続けていますがパーマをかけて白髪が黄色くなったというような経験はほとんどありません。

考えられる原因を私なりに説明したいと思います。

白髪をパーマかけたら黄色くなった原因とは?

恐らく、原因はもともとのその方のメラニン色素が関係していると思います。

白髪の色は、人それぞれ違います。

もともと黄色がかっている方やシルバー(銀髪)の方もいらっしゃいます。

したがって、パーマをかけて白髪が黄色になった原因は、たまたまパーマのウェーブの出具合や光の反射で黄色く見える。もしくわ、パーマをかけ過ぎによるダメージでそのように見えるということだと思われます。

どうしても、黄色くなった白髪をなんとかしたい!って方におすすめの方法を教えちゃいます。

黄色くなった白髪をキレイなシルバー(銀髪)にする方法

カラーチャート

パーマをかけて白髪が黄色くなった、もともと白髪が黄色で綺麗な白髪(銀髪、シルバー)にしたいという方におすすめの方法です。

美容院に行き、ヘアマニキュアの紫(バイオレット)とクリア(透明、白)を混ぜて調合してもらい、薄い紫(バイオレット)をしてもらいましょう!

色の補色の関係を利用します。

補色相関図

引用 http://hengxingzhe.com/itemcolor.html

上の図のように赤味を消したいなら緑(グリーン)系の色を混ぜるとグレイ(灰色)になり、

黄色味を消したいなら、紫(バイオレット)系の色味を足せばグレイ(灰色)になります。

しかし、ヘアマニキュアの紫で染めてしまうとダイレクトに紫色に白髪が染まってしまうので、ヘアマニキュアの白(クリア、透明)でかなり薄めてした方が綺麗な白髪(銀髪、シルバー)になるかと思います。

もっと詳しく補色について知りたい方は以下の記事を参考にして下さい!

参考記事

ヘアカラーの補色って何?赤味や黄味を消す補色の使用方法!

また、おしゃれ染めのアッシュ(紫が強めの)9レベル(トーン)で染めれば黄色くなった白髪は、グレイ(灰色)もしくは銀髪(シルバー)になります。

だたし、おしゃれ染め染める場合はデメリットがあります。

◎黒髪も9レベルのアッシュ(グレイ)に染まってしまう。

◎毛染めなので、髪に多少のダメージがある。

◎アッシュ(紫)色味は、2,3週間で色抜けしてしまいます。

以上を、踏まえた上でどちらかするか選んでもらえられば良いかと思います。

髪への損傷(ダメージ)や色もちなどを考えるとヘアマニキュアの薄い紫で染める方が無難でしょう!

ヘアマニキュアとヘアカラーの違いについてや色もちについては以下の記事を参考にして欲しい!

参考記事

ヘアカラーとヘアマニキュアは何が違うの?色落ちの違いは?どちらがおススメか!?

その他の関連記事

白髪を減らす!(なくしたい!),白髪になるのを少しでも遅らせる方法!

白髪はパーマがかかりにくく、とれやすいのは本当?

髪全体が白髪になる人ならない人ってどんな違いがあるの??

まとめ

パーマをかけたら白髪が黄色くなる原因は、

たまたまパーマのウェーブの出具合や光の反射で黄色く見える。

もしくは、パーマをかかり過ぎによるダメージでそのように見えるということだと思われます。

白髪の色は、人それぞれ。

白髪が黄色い感じの人と白髪(銀髪、シルバー)の二通りに分かれる。

黄色っぽくなった白髪を直したいのであれば、

◎ヘアマニキュアの薄紫で染める。

◎ヘアカラーのアッシュ(紫系が強い)系で染めると良い!

シェアする

フォローする