クーラー病ってどんな症状?クーラー病にならないための予防と対策!

クーラー(エアコン、冷房)効いた部屋に長い時間いると、体調に変化が出ることがあります。クーラー病ってどんな病気でかかってしまうとどんな症状になるのか?クーラー病にならない温度設定と予防対策について説明したいと思います。

僕たち、美容師は長い時間、エアコン(クーラー、冷房)の効いた部屋に何時間も働いています。暑い夏に外からご来店されるお客さんのために快適に思っていただくためかなり室内の温度を下げています。

したがって、わたしたち、美容師もクーラー病(冷房病)にかかりやすい職業だと思いますね。

そもそも、クーラー病とはどんなものなの?

暑い時季にエアコン(冷房、クーラー)の効いた部屋と気温の高い外とを行き来することで、体温調節をする自律神経のバランスが乱れる状態のことを『クーラー病』といいます。

クーラー病によって出る症状とは?

クーラー病になると、肩こりひざ痛、倦怠感、頭痛、吐き気、食欲不振、下痢などの症状が表われます。また、症状はすぐ出るのではなく、同じ状況が一定期間続くことで徐々に体調をくずしていきます。そのため、不調があっても見過ごしてしまいがちになるので気をつけましょう。

ただし、自律神経の乱れには個人差があるので、同じような状況下にいても。症状が出るかどうかは個人差があります!

クーラー病予防のためには、エアコン(クーラー、冷房)の温度は何度くらいの設定が良いのか?

室内と屋外の温度差が大きいほど体に負担がかかるので、クーラー病予防には『冷房は一般的に推奨されている28度(℃)に設定』するのが良いと思います。

会社のオフィスなどで温度設定が自由に調節できない場合は、上着を着たり、ひざかけを使ったりするなど体を冷やさない対策をしてください。

特に、『太い血管が通っている手首、足首、首を温めると効果的なので、ストールを巻いたり、レッグウォーマーをつけてみてください。

また、夏でも湯船に入ることが大切です。軽く汗をかくぐらい体を温めてリラックスして自律神経のバランスを整えること。

普段の生活でクーラー病にかからないために気をつけたいこととは?

暑いからといって冷たいものをがぶがぶ飲むのではなく、なるべく常温か温かい飲み物を選ぶことをおすすめします。また、熱を作るためには、タンパク質が必要になってきます。

食欲がなく、さっぱりしたものを食べたいなら、そうめん冷麦(冷めん)などにツナやハム蒸し鶏などを添えてタンパク質をプラスしてみましょう。

また、夏野菜などは体を冷やしてしまいますので、食べ過ぎに気をつけて、できるだけ加熱してから食べることをおすすめします。

体を温めたいときは、体を温めるといわれている根菜を選ぶとよいと思います。

食べると血行がよくなると言われている『しょうが』などを飲み物に入れたり、料理に使うのもおすすめです。

ちなみに、私の場合はお客さんの予約のない時間帯はできるだけ体に負担にならないように温度設定を少し高めにしています。

そうすれば長い時間、冷気に当たらなくて済みますからね!(笑)

なんせこの時季になるとクーラーの冷気でヤバいくらいに肩こりがすごいんです!(泣)

◎みなさんも、あまり部屋を冷やし過ぎないようにして扇風機などを利用して部屋の中の空気を動かして直接体にクーラー(冷房、エアコン)の冷気を体に当てないように気をつけてくださいね。

シェアする

フォローする