記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

仮面うつ病って何?どんな病気?

悩んでいる女性

仮面うつ病ってどんな病気なのだろう?仮面うつ病の症状や特徴について説明します。

うつ病にもいろんな病気があります。『仮面うつ』って聞いたことはありますか?

初めてこの言葉を耳にした方も多いと思いますので、『仮面うつ』についてお話をしたいと思います。

仮面うつ病とは

身体的な症状によって、まるで仮面を被ったように精神的な症状が覆い隠されている病態を表しています。

もっとわかりやすく言うと、うつ病(精神的症状)と診断されるまでに身体的な症状などが先に出てしまうためにうつ病とわかるまでに時間がかかるということです。

最近では、身体表現性障害と診断されることもあり、仮面うつ病の身体的な症状はうつ病の治療によって改善するケースが多いようです。

◎うつ病には精神的な症状と身体的な症状があります。

うつ病の主な症状

寝つきが悪く、朝早く目が覚めるなどの睡眠障害がある

食欲がない

疲労感がなかなか取れない

朝方は気分が重いが、夕方になると少し元気になる

やる気が起こらず、憂鬱な気分が続く

物覚えが悪くなった

性欲がなくなった

人と話すのが億劫(おっくう)に感じるようになった

なかなか決断が下せず、迷ってしまう

それまで好きだったことや趣味が楽しめなくなった

頭が重たい

自分はダメ人間だと思ってしまう

些細なことでも泣きたくなってしまう

テレビや新聞を見る気がしない

以上14個のチェック項目のうち、10個以上当てはまる場合はうつ病と疑います。

精神的な症状は、感情、意欲、思考という3つの面に現われます。感情面に出ると自分が憂うつになったり、死にたいと思ったりします。

意欲面に現われると、やる気が下がり、何をするにも億劫(おっくう)になります。

思考面に現われると、集中力、決断力、判断力などに総じて低下します。

身体的な症状としては、寝付きが悪かったり、早朝に目が覚めたりする睡眠障害、食欲不振、倦怠感、肩こりや腰痛、下痢や便秘、性欲減退、ED(勃起不全)などが挙げられます。

うつ病の患者さんのなかには、精神的な症状はあまりなく、身体的な症状ばかりが目立つ人もいます。

うつ病の症状は、十人十色。精神的な症状が強く出る人のいれば、身体的な症状が強く出る人もいるのです。

身体面の不調を強く訴える患者さんは、

睡眠外来、内科、整形外科、泌尿器科と医者を渡り歩くが病名がわからず、消去法で行き先がなくなり最終的に精神科に流れ着き、そこで『うつ病です』と診断されることがあります。これが『仮面うつ病』です。

関連記事

たった30秒でわかる!あなたのうつ度チェック!

うつになりやすい体質ってある?うつは治りかけが危ないって話。

ストレスって何?ストレスとホメオスタシスとの関係性とは?

記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.