記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

肌が乾燥するのはエストロゲンの減少が原因かも?

シミを気にする女性

今までと同じ化粧品を使っているのに、肌がカサカサして化粧のノリが悪い。冬でもないのに手足が乾燥して荒れる。肌の水分量やコラーゲンが減るのはエストロゲン(卵胞ホルモン)の低下が原因かも。

『肌の乾燥は”見た目の年齢”も影響するので,女性にとっては気になる問題です。』

肌が乾燥する原因とは?

皮膚の細胞内水分量が低下すると、乾燥がお起こります。むくみは水分が細胞内になく、細胞の間にたまっている状態なので、むくんでいるとかえって肌は乾燥します。

また、肌の表皮の奥、真皮部分にあって保湿にかかわるコラーゲン、ヒアルロン酸は、水分をたっぷり抱え込んでいて、肌のハリと弾力のもとになっています。

これらを維持しているのが、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)です。卵巣機能が低下、エストロゲン量が減ると、コラーゲン、ヒアルロン酸も少なくなります。

女性の体内の状態を良好にキープするエストロゲンは、肌の酸化(老化)を防ぐ抗酸化成分の代表です。老化は年を重ねることでなくて、エストロゲンが減ることなのです。

『いつもの化粧品を使っているのに肌が乾燥する!』、それは女性ホルモンが正しく働いていないサインかもしれません。

参考記事

女性ホルモンって何?どんなもの?

肌の乾燥を防ぐには?

ストレスは卵巣機能を低下させ、肌の乾燥を進ませます。乾燥ケアは卵巣ケアといってもいいでしょう。

20代、30代で卵巣機能が低下していたら、低用量ピルで回復させることができます。また、エストロゲンだけを補充することも可能です。

更年期以降、卵巣機能の働きが休止してエストロゲンが分泌されなくなると、肌が乾燥してきますが、エストロゲンを補充したりして、ホルモン補充療法(HRT)を行うと、肌がしっとり潤って肌年齢の若さを保てます。

参考記事

低用量ピルってなに?どんな成分なの?

◎基礎代謝を高める工夫が大切!

むくみをともなう乾燥の場合は、細胞内に水分がいくように、水分を摂りつつ、身体を温め、代謝を高める運動や食事の工夫をしましょう。

💗入浴や有酸素運動がおすすめです。

肌の乾燥だけでなく、もし、下痢、食欲不振、全身倦怠など、全身の体力低下をともなうようなら、ミネラルビタミン電解質の点滴をすると体調も良くなります。

肌の乾燥を防ぐために日常生活で気をつけたいこと!

💗紫外線ケアは必須です!

最近の紫外線は想像以上に強く、表皮だけでなく、うるおいを保つ真皮にもダメージを与えます。1年中温度調節してくれるエアコンも、肌表面にある角質層から水分を奪います。

すっぴんで外へ出ると、肌は1度に老化、乾燥してしまいます。

季節にかかわらず、昼は保護力のある下地に紫外線A波、B波をできるだけサンスクリーンを塗って防備を完璧にしましょう!

💗普段使っている洗顔料を見直して!

洗顔で肌を乾燥させていませんか?強すぎる洗顔料は汚れだけでなく、角質層のうるおい成分まで取ってしまいます。

ダブルクレンジングで、メイク落としと洗顔料は分けて使ってください。洗顔料は残さないようにしっかりとすすぎましょう。

最近は生体成分、アミノ酸からできた肌にやさしい洗顔料などもあります。洗顔後、肌がきしんでつっぱるようなら洗顔料を変えましょう!

💗内と外からコラーゲン補給しよう!

保湿化粧品としても、コラーゲンは優れものです。

肌の奥深くまでは浸透しにくいのですが、肌表面でうるおいを長時間キープし、真皮を刺激して肌内部のコラーゲンの産成を促します。

また、コラーゲンは真皮や骨、軟骨、血管を構成する成分です。

お魚や肉(ふかひれ、豚の耳など)にたくさん含まれています。脂肪分を摂らずにコラーゲンだけを補給したければ、ゼラチンがおすすめです。

魚の煮つけた後に『にこごり』がでますよね?それがコラーゲンです。肌にも骨にも良いので是非、普段の食生活で摂るようにしてください!!

記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

フォローする