20代で薄毛の悩み?今すぐ始められるお金をかけないで改善する方法

悩む女性

今、10代や20代から薄毛に悩んでいる若者(男女)が増えている。AGA治療、FAGA治療を受けたり、育毛剤を購入する前に自力でお金をかけないで薄毛を改善する方法を是非試して欲しい。

今回は、誰でも今すぐ始められる20代の薄毛対策についてその原因や注意点についても説明したいと思います。早目の薄毛対策で薄毛に悩まない20代を過ごして欲しい!

お金があれば、AGA治療、FAGA治療や育毛剤を購入して試してみればよいと思いますが、10代、20代ってきっとそんなにお金を持っていないはず。

今回は、できるだけお金をかけずに、『今すぐできる薄毛対策』について説明していきたいと思う。

その前に、薄毛になってしまう原因について知っておく必要があるよ。

20代で薄毛になってしまう原因はコレ!

20代の薄毛の主な原因としては、以下の2つがあげられる。

まずは、<男性>AGA(男性型脱毛症)ってやつ

20代男性の薄毛の中でも特に多いのがAGA(男性型脱毛症)による薄毛。

AGAとは、健康的な男性なら誰でも分泌されている男性ホルモンが変異して、ジヒドロテストステロンという脱毛物質になってしまうことで、髪の成長サイクルが乱されてしまう脱毛症のこと。

<女性>FAGA(女性男性型脱毛症)

20代女性の薄毛の主な原因ですが、FAGA(女性男性型脱毛症)による薄毛が多い。

FAGAは、(別名)びまん性脱毛症とも呼ばれ、その名の通り薄毛・抜け毛が頭皮全体へびまんしていく(=広がっていく)ことが特徴。

以上の2つが薄毛の原因になる代表的なものです。

その他で一般的に薄毛になる原因として、

遺伝性的なもの、ホルモンバランスの乱れや過度なストレス、食事バランスの偏りなどによっても薄毛になることがあります。

20代など、若くして薄毛になるということは、

『過度なストレス、食生活のみだれ、寝不足、血行不良(運動不足)、皮脂を取り過ぎるようなシャンプーを毎日使っている』

などの理由からが多いと思う。

若い方に多い、朝シャンも実は髪によくないって知ってた?

朝シャンを習慣にしているならできるだけ止めた方が良い。

なぜなら、洗髪には頭皮の緊張を緩めて血の巡りを良くする目的がある。

夜寝る前に洗髪することで、寝ている間に休息のための副交感神経が優位に立ちやすくなり、痛んでいるところや弱っているところに血液が巡ることで自己修復に役立っている。

朝は、すでに体は戦いモードで交感神経が優位に立っているので自己修復はできない。

そのため、『朝シャンを習慣にしている人はケアが上手くいかない』のです。

まずは、毎日のシャンプーをやめてお湯シャンをやってみる!

お湯シャン

私たち人の体は角質層、セラミド、皮脂膜でできたバリア構造(体を守る膜)で守られています。

ところが、このバリア構造を崩すものがある。

それは、脂分を取り過ぎてしまうシャンプー(洗浄成分として脂を落とす作用の強い界面活性剤)で、そのシャンプーで皮脂を取るようなシャンプーを毎日行うことなのです。

そこで、今見直されているのがお湯だけで洗髪することすなわち『お湯シャン』です。

お湯シャンとは、シャンプーやリンス、トリートメントを使わずお湯だけで髪を洗髪することを言うんだよね。

お湯だけで洗うことによって、今までシャンプーで取り過ぎていた皮脂を適度に残して、本来の健康な頭皮の状態に戻すってことなんです。

お湯シャンはどうやってすれば良いの?

まずは、ブラッシングから!

髪をお湯で洗う前に、髪の毛に付着しているホコリやゴミを取り除くためにヘアブラシで丁寧に髪をとかしましょう。

こうすることで頭皮の汚れがより落ちやすくなります。

ブラシは動物性(いのしし毛など)の柔らかいものがおすすめです。

40度以下のお湯のみで頭皮と髪の毛を洗います。お湯で髪の毛を濡らしたら、櫛(くし)で髪の毛を梳かしておくと、髪の毛の絡みをある程度防ぐことができる。

洗い方は、指の腹でなぜるように頭皮を洗います。優しくこするイメージで。

ざっと、1分程度お湯を流しながら頭皮を洗い、髪の毛は手櫛(てくし)で梳(す)くように何度も洗えばよいでしょう。

じっくりと、何度も手櫛(てくし)で洗わないと髪の毛に残っている皮脂はなかなか流れないのでベタつきが残りやすいのでしっかり流しましょう。

お湯シャンの後は、タオルでよく髪の水分をとって必ずドライヤーで頭皮を中心に乾かしてください。

やっては、いけないことは自然乾燥。自然乾燥をすることで頭皮が冷えるので毛の育ちが悪くなります。

頭皮の荒れ方や痛み方、乾燥が激しい場合は、お湯シャンを始めた当初は痒みを感じることが多いです。

2か月も続けていれば、痒みの方は軽減してくると思います。

注意:脂漏性湿疹(しろうせいしっしん)や皮膚炎」になっている頭皮の場合もお湯シャンだと痒みが激しくなることがあります。

このような場合は、皮膚専門医によるケアが必要だと思ってください。

どうしてもシャンプーを使うなら、頭皮を保護してから髪の毛のみをシャンプーしましょう!

ホホバオイルとアルガンオイルを混ぜて使うと良いです。

ホホバオイル5に対してアルガンオイル2を混ぜて、洗う前の頭皮にできるだけ薄く指の腹で塗り伸ばして馴染ませてください。(使用前に必ずパッチテストをして下さい)

10分~15分程度付け置きしてから、なぜるようにお湯のみで頭皮を洗います。

1分程度お湯で頭皮を洗ってからシャンプーします。

このとき、シャンプーの量は(1円玉程度)を泡立てネットなどで泡立ててから髪の毛のみを手櫛で梳くように何度か洗います。

頭皮に泡がついても良いが『頭皮をこすらないように気をつけてください』

洗う時間は『20秒~30秒』で十分です。

シャンプーの後に、リンス、コンディショナーやトリートメントは必要ありませんが毛先がどうしても絡みやすい場合は、毛先中心につけるようにしてください。

もし、シャンプーを使うなら何が良いの?

シャンプーを使用する場合は、弱酸性のアミノ酸系のシャンプーが良いとおもいます。

逆に、石鹸系のシャンプーは、どうしてもアルカリの害があるため、あまりおすすめできません。

洗髪の目的を理解すること!

洗髪は、頭皮の緊張を緩めて日中弱くなっている血の流れを回復しやすい環境を取り戻すことです。

お湯で頭皮を洗うことで緊張が緩みやすくなり、夜寝る前に洗髪することで副交感神経が優位になりやすい状態に導いてあげることが大切です。

そうすることで、日中疲れた頭皮を回復するのに役立つってことですね!

関連記事

自力で発毛、育毛、増毛の関連記事

薄毛が改善しない方必見!!自力で髪がフサフサ(増える)になる方法

ヘアカラーの習慣が未来の髪に影響(薄毛になる)する!

朝シャンプーする方は要注意です!髪や頭皮に良くないって知ってた?

毎日のヘアケアしだいで髪をなくすことになる!界面活性剤の危険性について

育毛シャンプーや育毛剤で実際に薄毛予防、発毛効果はあるのか?

薄毛(ハゲ)を予防するなら、頭皮の毛穴の皮脂は取り過ぎてはいけない!

記事が少しでも参考になったと思ったら『いいね!』して頂けたらうれしいです!

フォローする