シェアする

白髪染めで黒く染まってしまった髪を明るく出来るのか?

カラーチャート

市販のヘアカラー剤(白髪染め)などで自分で染めて”思っていたより、黒く染まってしまった”なんて経験、よくありませんか?1度黒く染まった髪をまた明るくできるのか?

1度、ヘアカラー(白髪染め)で黒く染まった髪を明るく出来るの?

こういう方、うちのお客さまにもたまにいらっしゃいます。

市販のヘアカラーで自分で染めて”真っ黒”・・・みたいな感じ

こんな時、”思いもよらず暗くなってしまった髪をもう1度明るくしたい”って思いますよね?”

お気持ちはすごくわかります!!

しかしながら・・・ぶっちゃけ言わせてもらいますと、

”明るくする方法は脱色するほかありません!” ブリーチってやつです!

たまにお客さまから自分で染めて黒くなった髪をなんとか明るくしてくれないか?

と無理難題を言われますがこれはなかなか難しいんですよね(笑)

私の経験上、『基本的に1度黒く染まった髪(5レベル以下だと)をいくら明るいおしゃれ染めで染めても明るく出来ません』

ましてや白髪染めをまた、上から染めてもさらに暗くなるだけで明るくするのはムリだと思います!

たとえば、絵の具の黒に黄色や赤などを混ぜても黒のままなんですよね?

それと同じしくみになるんです。

では、どうやって明るくするのか?

リスクはありますが2通りあります。

ブリーチをした後に、上から明るめの白髪染めする方法

1:髪に入り込んだ黒の色素をブリーチ(脱色)で抜いてしまいその後、もう1度希望のカラーの色を入れる方法。

ブリーチ(脱色)で色素を抜くということは黒の色素と同時に、髪の中の間充物質(タンパク質)までも一緒に流れ出してしまうということになりますので、髪へのダメージはかなりあるということを理解の上でして下さい。

自分でブリーチをする方法は以下の記事を参考にして下さい!

参考記事:市販のブリーチ剤で綺麗に色を抜く方法

ブリーチ後に、髪を1度ドライヤーでよく乾かし、上からカラーリングをして下さい!

ブリーチをした後、明るく白髪染で染める方法は以下の記事を参考にして下さい

参考記事:染まりにくい白髪を明るく染める方法

注意:太くてしっかりした髪ならブリーチ(脱色)に耐えれるでしょうが、細い髪質の方などはブリーチにより、

髪がゴムのように引っ張ると切れてしまう可能性がありますのでこちらの方法はあまりおすすめ出来ません。

ブリーチとおしゃれ染めを混ぜて髪を明るくする方法

2:トーンアップによるダメージを出来るだけ最小限に抑えるために、極力ブリーチ単品で脱色するのは避けておしゃれ染めを混ぜてする方法。

1度白髪染めなどで暗くなった髪をどうしてもブリーチ以外でなんとか明るくしたいって思っている方。

<注意>髪へのリスクがありますので自己責任でして下さいね!(笑)当方は一切の責任は持ちませんので。

14レベルのおしゃれ染で髪全体にたっぷり塗る。

おそらく、市販のカラー剤で14レベルは売っていないと思いますので自分で調合して下さい。

おしゃれ染め9レベルのカラー剤とブリーチを購入し混ぜる。

調合の割合は9レベル 2に対して ブリーチ を1の割合で調合

注意(髪が太くてかなり黒く染まっている場合はブリーチの割合を増やしてくださいね)

髪へのダメージに関しては、ブリーチ(脱色)単品で染めるよりは損傷度がまだマシかと思います。

10分から20分放置(髪質によっては早く色の抜ける場合がありますので様子を見ながら時間調節をして下さい)

これで、多少ですが明るくなる可能性はあるかと思います。

(どちらかというと、細い髪の方のほうが明るくなりやすいです)

これで変化がない場合は、日にちを置いて(1週間)、もう1度、同じことを繰り返す)

シャンプーの度に、黒い色素が抜けていくかと思います。

◆カラーリングのアフターケアはとても大切です。

ケアの仕方は以下の記事を参考にして下さい

参考記事:傷んだ髪にトリートメントやヘアパックしたら治る?

私は美容師なので一応、市販のヘアカラー剤はおすすめしていませんのでできましたら美容室でヘアカラーはしてくださいね(笑)

美容師おすすめのシャンプー&トリートメント

シェアする

フォローする