がんになる人とならない人の差はなに?

薄毛で悩む男性

”がんになりたくない!”というのは誰もが思うことだと思いますが、がんになる人とならない人の差ってなんだろう?これを知っとくだけでもがんにならないかもしれないかも・・・

 

がん(癌)になる原因とは?

一般的に、がんが発症する原因と言われてる『紫外線、タバコ、排気ガス、食品添加物、魚の焼け焦げ』などの発がん物質で発症すると言われています。

 

また、体質的な遺伝子異常ががんの原因になるとも言われています。

 

しかし、現実は発がんした入院患者には、発がん物質に強く依存している人はほとんど見当たらず、親や兄弟ががん患者だったという人ばかりではないようです。

 

また、これだけ社会的に禁煙ブームになってきて、喫煙者が減ってきているのに、一方で肺がん患者が年々増えてきていることはどう理解すれば良いのでしょうか?

 

それは、がんも他の病気と同様に、働き過ぎ、悩み過ぎ、薬の飲み過ぎが真の原因だからです。

 

実際に、がんの患者さんを調査してみても、発がんに外的要因の影響が多少でも認められるのが3割、残りの7割が心身のストレスによるもの。

 

実は”ストレス”という魔物”がん発症を左右しているそうです。

いろんな要因からストレスに長時間さらされたあとに発がんした人が大半を占めていることがわかってきています。

ストレスによって発がんするメカニズムとは?

1:最初にストレスを受けると交感神経を緊張させ、顆粒球増多になり、その結果、増加した顆粒球が活性酸素を放出して組織を破壊していきます。

 

2:破壊された組織では細胞の分裂、増殖を行って組織を修復しますが、この修復が繰り返されると、細胞内で細胞増殖を調整している遺伝子が異常をきたします。

 

3:異常をきたした遺伝子が、がん細胞を作る指令を出す遺伝子に変化して『発がん』します。

 

4:それでも、発がんの兆しあるがん化した細胞を攻撃するのが白血球のリンパ球なので、このリンパ球が正しく働いてくれればがんは発症しません。

 

心身のストレスの影響で交感神経が緊張すると副交感神経の働きが抑えられてリンパ球が減って働かなくなると、がん細胞が攻撃されず、がんを発症させてしまう訳です。

 

このように、がんを発症させるのも、がんの発症を防ぐリンパ球の免疫システムを働かなくするのも、やはり“ストレス”なのです。

 

●がん(癌)にならないためにも、日頃からストレスを解消することがとても大切になってきます。

何でも良いので、自分の好きなことをして少しでも副交感神経を優位に働くように心がけましょう!!

 

この記事を書いた人 :

美容師だからわかるパーマやカラーリング、その他の施術に関しての知識、髪についての情報を発信しております。

CLOSE

CLOSE