サーファーが茶パツになる理由?

ブリーチで傷んだ髪


サーファーの人って染めてもいないのに茶パツの方がけっこう多いです。なぜ、茶パツになるのか美容師がお答えします。

 

サーファーが茶パツになる理由

くり返し海に入っていると、カラーをしなくても髪が茶色になることがあります。

それは海水がpH8,3ぐらいのアルカリ性だからです。

 

アルカリ性ではキューティクルが自然に開いてしまうので、髪の中のタンパク質やメラニン色素が外に流れてしまいます。

 

また紫外線もメラニン色素を攻撃するので、少しずつ髪の色が変わってしまうのです。

 

ヘアカラーをしていても、開いたキューティクルから色素が流れやすく、色味が落ちやすくなります。

 

またプールの水には殺菌剤として塩素が多量に入っています。
塩素には髪のメラニン色素や染料を壊してしまう力があります。

 

夏はヘアカラーや髪のメラニン色素にとって受難の季節なんですよ!

 

1年でもっともケアが必要なんですね~(笑)

この記事を書いた人:naru

美容師だからわかるパーマやカラーリング、その他の施術に関しての知識、髪についての情報を発信しております。

CLOSE

CLOSE