髪は水に濡れるだけでも傷って知ってる?

hair.s.jpg

よく美容院などで”シャンプーの後はちゃんと髪は乾かして下さいね!”ってよく言われませんか?実は、髪は濡れた瞬間から傷むのです!これにはちゃんと理由があります。なぜ、水にぬれると傷むのかを説明します!

 

髪は、なぜ濡れていると傷みやすいんでしょうか?

『髪は水でも傷む・・・!?』

 

弱酸性で安定する性質の髪は、弱アルカリ性である水に触れると、PHが変化してタンパク質の間にスキマを生んでしまうのです。

 

このスキマに水が入り髪を膨らませ、キューティクルが開いてしまうなど、髪を不安定な状態にしてしまいます。

 

では、このPHとは何か?ひとことでいうと、アルカリ性、酸性といった水溶性の性質を図る”ものさし”PHは1~14までの値があり、

 

真ん中のPH7が『中性』、酸味の代表・レモンはPH2~3で酸性
石けん水はPH9~10でアルカリ性になります。

 

日本の水道水の平均値はPH7,8で弱アルカリ性、髪はアルカリ性に傾くとキューテクルが開くという性質があります。

 

パーマやカラーはこの性質を利用して、髪をアルカリ性にすることで変化を起こしています。
水で濡れたりシャンプーした後は、髪にやさしくしてあげてね!

 

この記事を書いた人:naru

美容師だからわかるパーマやカラーリング、その他の施術に関しての知識、髪についての情報を発信しております。

CLOSE

CLOSE