なぜパーマはとれる(伸びる)のだろう?

パーマをかける女性

パーマのウェーブやカールはなぜとれて(落ちて)いくのでしょうか?パーマがとれてしまう原因について説明したいと思います。

 

パーマは、なぜ?とれていく((落ちて)のでしょう?

 

パーマが伸びてしまう理由とは?

パーマのもちは使用するパーマの薬剤パーマの種類によって変わってきます。

 

パーマが髪の中にある間充物質(タンパク質)に作用して、結合に変化を起こす・・・・パーマは髪の内部に作用するというのは、前に説明しましたのでおわかりいただけていると思います。

 

これでウェーブを出すことはできるのですが、盲点はキューティクル。どれだけ中が変わっても、キューティクルも曲線を描いて変化するわけではないんです。

 

では、髪がカールしている部分のキューティクルの状態、どうなっているのでしょう?

 

キューティクルがうろこみたいに重なっているのはご存知ですよね?パーマで髪にウェーブをつけると、これに沿ってカールの外側は浮き上がり、内側は圧迫され、押しつぶされたような状態になっているんです。

 

でも髪は伸びていきます。この成長に合わせて、キューティクルもまっすぐになろうとがんばります。

 

特にシャンプーで髪が濡れると水素結合が切れて、内側の間充物質の力により、外側のキューティクルのほうが勝ってしまいます。

 

これを毎日繰り返すので、だんだんとパーマが伸びていってしまうんですね!

 

”へ~っ!なるほど~!”てなってもらえましたか?(笑)

 

通常のアルカリ性の薬剤でかけたパーマは約1ヶ月半で伸びます。

 

サルファイトパーマやクリープパーマ、エアウェーブなどは1ヶ月程度でパーマは伸びていきます。

 

デジタルパーマは原理が縮毛矯正と同じなので6ヶ月から1年とパーマのもちは長いですね。

この記事を書いた人:naru

美容師だからわかるパーマやカラーリング、その他の施術に関しての知識、髪についての情報を発信しております。

CLOSE

CLOSE