JR学研都市線、 鴻池鴻池新田にある美容院、美容室Mazy<マジィ>のブログ

もっと髪のことを知って欲しい

カラーチャート

ヘアカラーに関する記事

パーマとヘアカラーを同時にするのは薬事法でアウトです!

更新日:

ヘアカラーとパーマや縮毛矯正を同時にかけたら』髪が色が抜けた・・・?髪がボロボロになった・・・。毛先がチリチリになった・・・。』などと経験した方いらっしゃいませんか?

 

ヘアカラーの直後にパーマ(縮毛矯正)をかけると色が抜ける、毛先が傷む、髪がボロボロになる!

パーマとカラーを同時にしないというのは基本的なルールなんです。

 

◆アルカリ系のパーマ剤とカラーリングを同時に施術することは薬事法で禁止』されています。

 

なによりも、髪へのダメージが大きいのはお分かりいただけるかと思います。

 

でも、もっと大切な理由があります。

 

それは、パーマ剤がヘアカラーの染料同士のつながりを壊してしまい、せっかくのカラー(色抜け)が流れやすくなるからなんです。

 

カラーは髪の中で染料が手をつないで(酸化)大きくなることで発色しています。

 

ところがパーマの1剤は、まったく反対の機能をもっているんです。髪の内部で発色した、染料同士のつながりをパーマ剤が切ってしまい、小さくしてしまうのです(還元)。

 

もうひとつ、パーマのアルカリ剤が影響してキューティクルが開くため、小さくなった染料の出ていくスピードがアップして、褪色(色抜け)がすすんでしまうのです。

 

ヘアカラーの褪色の原因はたくさんありますが、サロンワークにおいてはパーマの影響がとても作用すると思われますね!

 

パーマもカラーも、ヘアスタイルを作る上で欠かせないアイテムですが髪のダメージのことを1番に考えてヘアカラーとパーマは絶対、同じ日にしないようにしてください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ヘアカラーに関する記事

Copyright© もっと髪のことを知って欲しい , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.