ヘアカラーって何色があるのか?

カラーチャート

美容院のヘアカラーって、一体、何色あるんだろう?

 

美容室にいくと美容師さんがカラーチャートってやつを出してきて

 

”今日は何色にしましょうか?”たくさんの色の見本みたいのを見せてくれますよね?

 

いったい何色あるか気になりませんか?(笑)

 

日本で使用が認められている、酸化染料の有効成分は54種類。これを組み合わせてヘアカラーは作られているんです。

 

組み合わせや配合の違いで何種類ものカラーが生まれるんですね!

 

 

なのでカラーの色数は絵の具と同じく、限りなくあると思います。

 

ヘアカラーって1剤と2剤を混ぜるでしょ?実は1剤にしか染料は入っていないですよ。

 

1剤の染料は「直接染料」「中間体」「カプラー」という3つのタイプに分けることができます。

 

「直接染料」、そのままで色味がわかります。黄色・橙色・赤色など鮮やかな色を表現するために必要な染料。

 

「中間体」はおもにブラウンの色を作っている染料です。髪の中に入り、染料同士がつながって大きくなると、色として発色します。

 

「カプラー」は中間体とくっついて多彩な色を出します。配合具合で色のもちや色の残り方に違いがでます。

 

この3種類の染料をたくみに組み合わせて、色はできているんですよ~!
かなり、一般の方には難しいお話だったかも。(笑)

この記事を書いた人:naru

美容師だからわかるパーマやカラーリング、その他の施術に関しての知識、髪についての情報を発信しております。

CLOSE

CLOSE