ノンシリコンシャンプーって本当に髪と頭皮に良いのか?

シャンプー、リンスの画像

私も、よくお客さんから”ノンシリコンシャンプーは、ほんとに髪や頭皮にいいの?”なんてよく聞かれます(笑)最近、テレビのCMなんかでノンシリコンシャンプーが頭皮や髪に良いとか言ってますがリアルに髪と頭皮に良いのだろうか?

 

ノンシリコンシャンプーは、ホントに髪と頭皮に良いのか?

シリコンとは、ヘアケアや化粧品に配合されるときは、シリコンオイルという、とろみのある油のような状態で、代表的なものは△△メチコンなどという名前で成分表示されているものです。

 

シリコンオイルを塗ると、髪や肌に被膜をつくってコーティングします。シリコンは撥水性があるため、コーティングされた部分は水や汗をはじくようになります。

 

ですので、ヘアケアだけでなく、水や汗で流れないウォータープルーフのファンデーションや日焼け止めにも使用されています。

 

また、つけたあとの感触が良好で、べたつかず、シルキーですべりの良い感触となります。

 

そのため、使用感向上の目的でスキンケアに使われる場合もあります。

 

このシリコン、ダメージヘアのケアの成分としては、悪いものではないのです。

 

なぜなら、ノンシリコンシャンプーが世に出てきたのはつい最近の話。

 

もし、髪や頭皮に害があるならとっくに使用禁止になっていますよね?

 

シリコン入りのシャンプーの良いところは痛んだ髪の表面をコーティングして、

 

キューティクルの剥がれや切れ毛などを予防することができるからです。

 

そして、手触りや髪の質感においては断然シリコン入りシャンプーの方が良いですね!

 

私の主観ですがノンシリコンの場合は少し髪がきしむような気がします。「シリコンシャンプーの使用をやめれば、自然な艶がよみがえってくる。」なんて言われてますがこれは少しニュアンスが違うように思います。

 

一度受けたダメージは自己修復されることはなく、5~6年かけて生えかわるか、ダメージを受けた部分を切るまで、そのダメージの部分は無くなることはありません。

 

ですので、シリコンをやめれば自然とダメージが修復される理屈はなく、ダメージを与えてしまっていれば、ダメージを目立たなくするケアが必要となってしまうのです。

 

さて、髪にとっては一概に悪いとは言えないシリコンなのですが頭皮に悪いというのは本当か?・・・

 

なぜ髪や頭皮に悪いと言われているのか?

まず、ひとつはシリコンが肌に付着すると、コーティング力が強いため毛穴を詰まりやすくなり、

 

頭皮の場合は髪が生えにくく、肌の場合はニキビや吹き出物ができてしまうケースもあるみたいですね。

 

私自身は、自分の年齢のことも考えてノンシリコンのスキャルプシャンプーを使用しています。

 

ここで結論になりますが、若い時はさほどノンシリコンにこだわらなくても良いかと思います。まだまだ、頭皮も髪も健康ですからね!

 

それと手触りやさらさら感の方が優先でしょうからね(笑)

 

まとめ

どちらが良いかはお客さんが何を重視するかだと思います。しっとり感、手触り重視ならシリコン入りシャンプーが良いし、30歳超えてそろそろ頭皮のケアを重視していくならノンシリコンシャンプーになりますね!

カテゴリー アフターケア

この記事を書いた人 :

美容師だからわかるパーマやカラーリング、その他の施術に関しての知識、髪についての情報を発信しております。

CLOSE

CLOSE