市販のヘアカラーで髪を傷めずきれいにおしゃれ染めや白髪染めを上手に染める方法!

hair.s.jpg

市販のヘアカラー(白髪染め、おしゃれ染め)で自分(セルフカラー)で染めて髪が傷んだだけでうまく染まらなかった経験はありませんか?現役美容師が自分で市販のヘアカラーで染めても、傷めずきれいにおしゃれ染めや白髪染めを上手に染める方法を教えちゃいます!

 

『市販のヘアカラーは、セルフで染めるため、使い方を間違えると髪に負担がかかり髪の中間や毛先にかなりのダメージを与えることを知っていますか?・・・』

 

 

市販のカラー剤でも、やり方さえしっかりマスターすれば髪への負担も最小限で済みます!!

ここでは、誰でも傷めずきれいにおしゃれ染めや白髪染めを上手に染める方法を教えちゃいますね!

 

市販のヘアカラーを使って染めたけど上手く染まらない理由とは?

『市販のヘアカラーで自分で染めて失敗した経験ありませんか?・・・』

染めムラになったり、思っていた明るさにならず、暗く染まったり。

大体、よく聞くのが、明るさもパーッケージ箱の表紙の色と全然違う?・・・~みたいな?(笑)

 

これは人それぞれ髪の太さメラニン色素の濃さキューティクルの密度も異なるため!

仕上がりの色や明度に誤差がでます。

 

それと、放置時間の長さによっても、色や明度に誤差がでます。

 

できるだけ、市販のカラー剤で髪を傷まさないようにするには?

ヘアカラーは出来るだけ髪全体にすばやく塗布することが鉄則!

(出来れば15分以内がベスト)

 

なぜなら、最初に塗った部分からヘアカラー剤の化学反応が始まるからです。

 

塗り始めから全体を塗り終わりまで30分かかるとします。

 

すると最初に塗った部分の髪はすでに30分間も薬剤にさらされているわけです。

 

そこからさらに放置時間・・・

 

そりゃー傷むわです!!(笑)

 

自分で市販のヘアカラー剤で染めて傷むのは、ほとんどこれが原因でしょうね。

 

市販のヘアカラー剤で傷まないようにする染め方!!

<おしゃれ染めの場合>

1445231155428
1445231134790

 

 

まずは、髪をフロントとバックで5ブロックに分けます。

リタッチ(根元だけを染める2㎝~3㎝)の場合。必ず1番健康で染まりにくい襟足の根元から塗り

ましょう!(トップは特に染まりやすいからです)

 

あとはそのままバックの上の根元、サイドの下の根元部分からトップの根元というように最後に塗るのはトップの根元になるように!

 

塗り終わったら10分~15分自然放置。

 

チェックして根元が明るくなっていればOK!

 

荒めの櫛で根元のお薬を毛先までコーミングして5分後シャンプー!

(コーミングするのは根元の色と毛先の色をなじませるためです)

<注意>この時、シャンプーする前に乳化をしてください。

 

乳化とはシャンプーをする前に少しお湯で髪を湿らせ、地肌をゆっくりマッサージする感じで髪に付いているカラーを泡立てるイメージで全体にのばすこと。3分程度で良い

 

★この作業をすることで地肌に付いたカラーもしっかり取れますし、色持ちがよくなります。

 

根元がかなり伸びてしまっている場合(4㎝以上)の染め方

この場合は、染める順番は上記と同じですが先に中間部分から薬剤を付けていかなければなりません。

 

したがって、根元2㎝程度を残し、襟足部分から上記の順で薬剤を塗布していき塗り終わったら10分自然放置。その後。また、襟足の根元部分を塗っていってください。

 

10分放置。

チェックして根元が染まっていたらOK!です。

 

あとは、粗めの櫛で根元の薬剤を毛先まで伸ばすイメージでコーミングしてさらに5分置いて終了です。

乳化してシャンプーをしてください。

 

バージン毛の場合の染め方(初めてカラーリングする場合)

根元1cm~1.5cmを残し、襟足の中間・毛先から染め始めます。(塗布量多めに)そのままバックの上に進みます。

バックが塗り終わったら、サイドの下・毛先・中間。

 

ここで10分放置。

 

その後、バックの襟足の根元から先ほどの順に塗っていきます。

 

ここで10分。

 

チェック。根元が発色していれば乳化してシャンプー。

 

これで終了です。

 

白髪染めで染める場合の染め方

<リタッチの場合>

 

髪を4ブロック分ける。(おしゃれ染めのように襟足のブロッキングはいりません)

 白髪染めの場合はおしゃれ染めとは逆でフロントのトップから新生毛の部分に薬剤を塗布していきます。

 

15分から20分自然放置後、コームで根元のカラー剤を毛先まで延ばします。(これは根元の色を毛先の色となじませるため )5分ほど置いてシャンプーすると良いと思います。

 

<裏技>白髪が多い人を短時間で明るく髪を傷めず染める方法!

 

希望の明るさが9レベル。(1番明るい白髪染めになります)

新生毛が2cm伸びていて毛先が褪色している場合のケース。

 

白髪が多い方を根元から毛先まで均一に単品の薬剤で染めようとすると根元がきっちり染まるまでに時間がかかります。

 

その分、毛先にダメ-ジがすすむことになります。

 

なので根元部分を7レベルの薬剤、毛先は9レベルで染めます。

 

根元を塗ってからすぐに毛先を塗布。

 

ラップをして10分~15分放置 ここで一度チェック。

 

<注意> あんまり時間を置くと根元が7レベルに染まってしまうので染まりきる前にシャンプーしてしまうのです。

 

この方法だと髪にできるだけ負担をかけずに染めることができます。

 

ただ、素人さんにできるかどうかなんですけど(笑)

 

できれば、家族の方に手伝ってもらった方がよいかもです!

 

美容師がおすすめの市販のヘアカラー

あまり市販のヘアカラーはおすすめ出来ませんが、どうしても市販のヘアカラーを選ぶならコレ!

元美容師の義理の母がいろいろ使ってみたけどこれが1番良いと言ってました!!

明るめ希望の場合は、

パールブラウン 2-P、スパーリングブラウン 2-N

ヌードベージュ  2-B、プレシャスアッシュ 2-A

 

『 サイオス(syoss) ヘアカラー 2-B ヌードベージュ

 

 

 

 

『 サイオス(syoss) ヘアカラースパーリングブラウン 2-N』

 

 

 

★是非、1度試してみる価値ありですよ!!

kirei-kami.com

この記事を書いた人:naru

美容師だからわかるパーマやカラーリング、その他の施術に関しての知識、髪についての情報を発信しております。

CLOSE

CLOSE

この記事をシェアする

CLOSE