シェアよろしくお願いします!

ヘアカラーの補色って何?赤味や黄味を消す補色の使用方法!

カラーチャート

ヘアカラーをして赤味や黄味が出てしまって、気に入らない!なんか嫌っ!な時ってありませんか?これはご自身の地毛のメラニン色素の濃さに関わっています。希望の色味にしたい場合は『補色』をカラー剤に入れることで希望色に近い色味に染めれます。ヘアカラーと補色の関係性とは?

仕上がりがあなたの希望色にちゃんと染まっていますか?』

『美容院でおしゃれ染めをしても仕上がってみたら、どうしても赤味や黄味が出て思い通りの色に染まっていない!!

って方、結構多いんじゃないでしょうか?』

赤味が出てしまう原因!

地毛が黒い(メラニン色素が濃い)ことが赤味が出してしまう原因です。

髪が硬く、太くて量が多い方に多く見受けられます。

『これは、日本人に多いです。黒髪だからです』

黄味が出てしまう原因!

一方で、おしゃれ染めをしてもすぐに黄味が出てしまう方もいらっっしゃいますよね?これは地毛がもともと茶色(メラニン色素が薄い)ことが黄色味が出てしまう原因です。

髪が細く、肌の色が白い方や瞳の色が薄い方に多く見受けられますね。

もっと、詳しく知りたい方は以下の記事をご覧下さい!

参考記事:ヘアカラーでイメージどおりに染まる?

以上のようなことから、美容院ではお客さまの希望の色味に近く染めるために希望色+『補色』をカラー剤に入れます。

”そもそも補色って何だろう?”

補色相関図

引用 http://hengxingzhe.com

上が補色の相環図になります。対比する色が補色になります。

赤味が出やすい青緑系の色

黄味が出やすい→青紫系(ヴァイオレット)の色

オレンジが出やすい灰色系の色(アッシュ

緑が出やすい→赤系(レッド)の色

というようになります。

この補色を上手に使い、カラーリングのときに薬剤を調合ことで狙った色を出せるってことですね。

アッシュカラー

http://d20u4i5j3l9sia.cloudfront.net/

ヘアカラーをする上で、『美容師』はこの補色の関係をきちんと理解していないと”思い通りにヘアカラーの色を出せない”ってことになるのでかなり重要になってきます。

●補色をヘアカラー剤に使うとどうなるのかというと補色を混ぜると髪は無彩色(グレー)になります。

つまり、

赤味が強く出る方で赤味を消したい場合は緑系のカラー剤を混ぜることで赤味を抑えられます。

 

黄味が強く出る方で黄味を消したい場合は紫系のカラー剤を混ぜることで黄味を抑えられます。

どちらかというとヘアカラーで綺麗に色を出しやすい髪質は細くてメラニン色素が薄い方の方が出しやすいです。

髪が太く、もともとメラニン色素が濃い方の場合は赤味が出やすいため、赤味を抑えるのに緑系の色を入れますが仕上がりのトーンが暗くなってしまいがちです。

なので、明るめで赤味を消し綺麗に色味を出したい場合は先にある程度、ベースをトーンアップした方が良いと思います。

●希望の仕上がりの明度のもよりますが、先にナチュラルブリーチ(10~14トーン)をしてから上から希望色のおしゃれ染め+補色(補色を入れる場合は調合する薬剤の20%以内)をすれば思い通りの色に近く出すことが出来ると思います。

色味によってはヘアカラーのもちが違うって知ってる?!

せっかく、お気に入りの色味に染まってもヘアカラーの色味というのは、時間が経つと(1週間以内)すぐに抜けてしまうということを知っておいて欲しい。

参考記事:●カラーの色は時間が経つととれる?(抜ける)のか?

でも、色味によって色もちが違うということも知っておこう!

参考記事:ヘアカラーって色味によってもちが違うの?

以上のことを理解した上で、自分の好きな色味をチョイスしてね!!

シェアよろしくお願いします!

フォローよろしくね

おすすめの記事

コメントを残す