シェアよろしくお願いします!

ヘアカラーって色味によって色もちが違うのは知ってる?

カラフルな髪をした人形

ヘアカラーって実は色味によって色もちが違うって知ってる? せっかく、綺麗に染めても、1、2週間で色が落ちて(抜けて)しまう・・・ 。どんな色味がとれやすくてとれにくいのか説明します!

ヘアカラーって色味によって色もちが違うのか?

  好きな色を長くキープしたい気持ちは、みんな共通だと思います。  

でも、紫系は色もちがよく、は色がとれやすい、という違いがあるんですよ。

これは1剤、2剤が反応し、染料がつながる速さに違いがあるってことなんです。この表現は一般の方にはむずかしいいかも(笑)

青、緑系はすぐに大きくなり、反対に赤、紫系はゆっくり大きくなっていき発色します。   すぐに染料がつながって早く大きくなってしまうと、髪の外側のあたりを中心に染まります。外へ出て行きやすい場所にいるんですね。

反対にゆっくりつながっていくと、小さいまま髪の内部まで浸透し中で大きくなるので、外へ出ていきにくく色もちがよくなるというわけです。

それでも青や緑の寒色系が大好きという方。 色もちをよくするためには

弱酸性PHコントロールのあるシャンプーが効果的!!

また、染料が苦手なパーマ剤、紫外線や熱にも注意しましょう

◆たとえばアイロンを使うなら温度設定が高いと髪がダメージを受け色抜けが早くなります。

色の種類だけじゃなく、ダメージにも影響されるんでよね。 ダメージを受けるほど染料もぬけやすいんですよ~!

<色持ちをよくする方法>

◎シャンプーの後、毎回、トリートメントをする。

その後、しっかり乾かすことでキューテクルから色の流出を防ぐ。

◎カラーリングをしている方専用のシャンプー&トリートメントを使用するのが1番だと思います。

普通のシャンプーと比較しても色持ちが全然違います。

『ミルボン ノイ ドゥーエ ウィローリュクス』シャンプーは当店でも使用しています。

●お客さまからも、色もちが他のシャンプーと比べて断然良いと好評です!!

◆いつもよりケアを意識するようにして下さいね。 こちらの記事も参考にしてね! カラーは時間が経つと抜ける?

シェアよろしくお願いします!

フォローよろしくね

おすすめの記事