シェアよろしくお願いします!

クリープパーマってどんなパーマ?

hair.s.jpg

【クリープパーマ】って聞いたことあるけど、いったい、どんなパーマなんでしょうか?

それでは説明していきますね!

クリープパーマとはどんなパーマ?

[一定の大きさの力が加わってるとき、時間の経過と共に材料の変化が増大していく現象]

パーマにおいての[クリープパーマ]とはパーマ液の放置時間が長いほどパーマがよりかかるんです。

ゆっくりパーマがかかっていくってイメージですね。

でも放置時間が長いほど髪は痛みでしまいます。

そこでパーマ液が作用してる時間と、形が変化する時間(この時間がクリープ)を分けてパーマをあてると、なるべく負担をかけないよう、少量の薬剤で最大限にウェーブ効率をあげられるというわけです

これを《クリープ理論》というんです。

そのほかのパーマは

<エアウェーブ>

空気の力を利用するパーマでダメージが少なく、仕上がりがトリートメントをしたようにしっとりと仕上がります。かかり具合はゆるめ。
ふんわりなパーマとか根元のボリュームアップやニュアンスカールとかポイントパーマにも適してると思います。

<水パーマ>

パーマ液が早く浸透しパーマにかかる時間が短縮できるので、頭皮などに対する影響も少なく、髪や肌に少ない負担でパーマをかけられます。ダメージヘアでもしなやかに生まれ変わらせる効果もあるとおもいます。

今までパーマをかけられなかった人でも水パーマなら安心してかけれます。

<デジタルパーマ>

ようするに現代版電熱パーマってやつです。

乾かすことによって高い再現性が得られる。長期間(よくもつ方で半年から1年)にわたってパーマが持続する。

仕上がりに軽いかんじを出せる。(カーラーで巻いたみたいな感じ)

ただ、長期間続けるとダメージにつながります。

デジタルパーマについてはこの記事を参考にして下さい。

シェアよろしくお願いします!

フォローよろしくね

おすすめの記事