実は知らない!?市販のヘアカラーと美容院のヘアカラーの違い

鼻をつまむ女子

美容院のヘアカラー剤と市販で売られているヘアカラー剤(白髪染めやおしゃれ染め)。皆さんは、どんな違いがあるのか知っていていますか?2つの違いや特徴、どちらが傷みやすいのかを現役美容師が教えちゃいます!

 

TVのコマーシャルで『自分で簡単に染めれます!!』みたいなキャッチコピーで、よく紹介されていますセルフカラーと美容院のヘアカラー違いや特徴にについて説明したいと思います。

 

美容院のヘアカラーと市販ヘアカラー(ホームカラー)の違いとは?(1)

 

hair.s.jpg

 

 

一つ目の違いは『臭い』ではないでしょうか。』

 

市販のヘアカラーって独特の『鼻にツンっ』とくるような刺激臭があります。

 

その一方で、美容室のヘアカラーは、

 

”髪や皮膚へのダメージを抑えるために、揮発性(自然に蒸発する)のアルカリ剤(アンモニア水)”を使っています。

 

そのためにおいは感じるけれど髪に残りにくいというメリットがあります。

 

市販のヘアカラー(ホームカラー)は、ツンとしたにおいを解消するため、”臭いの少ないアルカリ剤”がメイン。

 

”匂いは少ないのですが、髪や皮膚にアルカリ剤が残りやすくダメージにつながりやすいんですよね!!”

 

匂いにこんなワケがあるなんて意外でしょう?

 

二つ目違いは、染め上りのクオリティー』

美容院のヘアカラーは、『白髪染め』や『おしゃれ染め』もしっかり染まるのに対して

 

 

市販の白髪染めの場合、染まりは早いが『染まり具合が浅かったり』『すぐに色落ちしやすい』というデメリットにがあります。

 

 

折角、染めても1,2週間で色がすぐ色が抜けて白髪のところがうっすら浮いてくる(染まりきっていない)感じになってしまうということが多いです。

 

 

◎市販のカラー剤と比べて色の定着率(色もち)が良いということです。

ヘアカラーの色落ちについて詳しく知りたい方は以下の記事を参考にして欲しいと思います。

 

 

参考記事

ヘアカラーの色は時間が経つととれる(抜ける)のか?

ヘアカラーは染めてからどのくらいで色が馴染むのか?

 

 

 

三つ目の違いは、『幅広いヘアカラーのバリエーション』

 

ブラウンでも個性の強い色味でも、お客様の肌の色やイメージにあった色味を提案できます。

 

サロンはオーダーメイドです。また、美容師はお客さまのヘアカラーサイクルも考えます。

アルカリカラーを2回すれば、次は弱酸性ヘアカラーでひと休みするとかね。

 

あとは、全体染めした後は、リタッチ(根元だけを染めること)にしたりとお客さまの髪を傷まさないようにきちんと髪の状態を管理しています。

 

私たち美容師は、より似合うカラーをより楽しく提案しています!

 

美容院のヘアカラーと市販のヘアカラー(セルフカラー)の違いとは?(2)

 

hair.s.jpg

 

◎市販のヘアカラーと美容院のヘアカラーの2剤の使い分けについて

 

それはカラーの2剤に、とっても大事な役目があるからなんです。

 

美容室で染めることのメリットは『2剤の使い分け』ができるというのが最大のポイント!

 

染料の入った1剤に種類があるのと同じように、2剤の過酸化水素にも”濃度の違い”があり、髪の状態や目的で使い分けしているんです。

 

カラーをする人の多くは、月に1回など継続している人

 

つまり、髪の90%は既染部(すでに染まっている部分)の状態。

 

その上からカラーをしても、残ったカラー(既染部)やダメージによって色ムラや傷みができてしまうんですよね。

 

そこで、髪の状態によって2剤を使い分けているんですね。

 

ホームカラー(市販のヘアカラー)の過酸化水素の濃度は2剤(オキシ)は6%

 

対して美容室の2剤は1~6%のものがあり使い分けできるんです。

 

過酸化水素はブリーチに深く関係するので必要以上の濃度は髪のダメージに直結します。

 

通常、美容院では、根元は6%の2剤(オキシ)既染部(すでに染まっている部分)は3%の(ブリーチ力が弱い)2剤(オキシ OXY)を使用する場合が多いです。

 

参考記事

ヘアカラーの2剤(オキシ)6%と3%の違いについて

 

2剤を使い分けるのは必要以上に既染部にダメージを与えないためなんですよね。

 

お客さまの髪の状態にあわせて薬剤をチョイスでき、カラーのバリエーションも豊富な美容室のカラーリング!

 

この違いは大きいんですよ~!

この記事を書いた人 :

美容師だからわかるパーマやカラーリング、その他の施術に関しての知識、髪についての情報を発信しております。

CLOSE

CLOSE