美容室を開店してから黒字になるまで道のり

ハサミ、道具

美容室を新規開店してから、軌道にのるまでの経過報告です。

 

前回は美容室の開店費用についてお話しましたが今回は開店してから軌道(黒字)に乗るまでどのくらいかかったか?をお話します。

美容室を開店してから黒字になるまで道のり1

まず、最初に月の経費がどのくらいかかるのか把握しないといけません。

 

<家賃>  ¥189、000

 

<光熱費>
電気代 ¥25、000
ガス代 ¥12、500
水道代 ¥12、000(2ヶ月分)

 

<電話代> ¥8000

 

<材料代> ¥100、000

 

<借り入れ返済> ¥125、000 7年

 

<スタッフ給料> 中習 2人  170、000x2=340、000

 

<小口>  ¥20、000   雑誌、トイレットペーパー、コーヒー、お茶、お花
など、お店の備品

 

<お店の損害保険> ¥3、000

 

<器具のリース代>  ¥52、500 (5年リース)

 

 

合計   ¥897、700

 

 

上記の金額からプラスの分が自分の給料になります。

 

私の場合は国民政策公庫から1000万借り入れし手持ち200万でした、改装費やその他もろもろ支払いして手元に残ったお金が約16万円(笑けます)

 

改装費用の中に器具のリース代が250万含まれてましたから

 

 

16万+250万=265万が手元に残ったお金、これが軌道に乗るまでの私の生活費になります。

 

あっちゅう間に無くなります。マジです(笑)

 

 

単純に計算して26万毎月給料として取っていくと10ヶ月がリミットですね。

 

この間に軌道に乗せないとお店は潰れちゃいます。

 

いかに、オープン時に集客するかが”カギ”になります。

ここでつまずくと、半年でお店はヤバイです!

 

ですのでキャンペーンの内容としては

 

2ヶ月間、パーマ、カラー、カットなど

 

○すべてのをメニュー  50%OFF

 

パーマ   ¥10500(税込)  →  ¥5250 (当時は消費税5%)

 

カラー   ¥4200(ショート) →  ¥2100

 

縮毛矯正  ¥15750(ショート)→  ¥7880

 

カット   ¥4200       →  ¥2100

 

てな感じです。

 

○帰りに仕上げに使用したスタイリング剤をプレゼント。

(以前からお世話になっている出店祝いとして美容ディーラーからサービスしてもらいました)

 

○紹介カードをお帰りの際に渡す。

内容  50%の割引チケット

(ご紹介でご来店されたお客さまが対象)

 

 

一人に対して5枚ほど渡して誰からのご紹介かわかるようにお客様のん名前を書いておく。

 

チケットが5枚渡していますので、1人紹介で10%OFF

 

2人目ご紹介で20%OFF

 

3人目で30%OFFというように

 

5人目で50%OFFになるように設定しました。

 

このときは、かなり反響はありましたが今の時代はいかがのもんですね(笑)

 

とにかく、オープン3ヶ月でいかにたくさんのお客さまを集客するかをよく考えてオープンのチラシに載せることです。

 

つづきは、次回にしたいと思います。

 

関連記事

一人で美容院を経営、お店が暇でどうしたいいか悩んでる方にお勧め副業とは?

 

この記事を書いた人:naru

美容師だからわかるパーマやカラーリング、その他の施術に関しての知識、髪についての情報を発信しております。

CLOSE

CLOSE