記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

美容院で同じ日に、ヘアカラーとパーマを一緒にできるのか?

記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

パーマロッド

同じ日に、ヘアカラー(白髪染め・おしゃれ染めなど)もパーマもしたい!この二つを同時にできたら1回で済むので楽ですよね?でも、いろんなリスクがあるってことを知って欲しいのです!

ヘアカラーやパーマをしょっちゅうかけている方、月に何度も美容院に行くのは面倒!いっそのこと、同じ日に、両方出来たら楽なのにときっと思っているでしょうね?

しかし、1日のうちにパーマとヘアカラーを同時にすることで、髪に大きなリスクが伴うということを知って欲しい!!

パーマとヘアカラーを同時にしても大丈夫?

基本的にカラーとパーマをを同時にすることはお勧めできません!(パーマの薬剤にもよりますが)

なぜなら、カラーもパーマもアルカリ剤を使うので、髪への負担がとても大きいためです。

薬事法ではパーマやヘアカラー、どちらを先にするにしても最低1週間はあけるように指導されているということもあります。

詳しくいうと、

ヘアカラーキューティクルから髪の内部に浸透』

パーマ髪の内部に直接作用する薬剤』

同時に行うと、外からも中からも作用が重なることになり、髪が悲鳴をあげてしまうんですね!

ダメージの原因としてはパーマやカラーのアルカリ剤が髪に残ってしまうと、内部のタンパク質を分解していきます。

そして、小さくなったタンパク質は自然に流れてしまうことになります。それにより、色の流出や髪の傷み(ダメージ)につながるわけです。

もし、どうしても同じ日に同時にパーマやカラーを希望する方はサルファイトパーマ』をおすすめします。

参考記事:サルファイトとカーリング剤って何?

サルファイトの薬剤は化粧品扱いの部類になるので同時にできます。カラーの色落ちも少ないです。

デメリットとしてはパーマが”ゆるいカール”になってしまうのとすぐにとれやすいところです。

参考記事:サルファイトパーマはどうしてカールがだれるのか?

あと、よくある質問はパーマとカラーを別の日にする場合、どちらを先にすれば良いのか?です。

パーマとヘアカラーをしたい場合どちらが先にすれば良いのか?

どちらを先にしてもデメリットはあるってことを知っておきましょう!!

<パーマを先にして1週間後にカラーした場合>

メリットとしてはヘアカラーの色がきれいに入ります。

デメリットは白髪が伸びている部分(根元)がかかりにくくて毛先にパーマがかかりやすいこと。

対処法としては根元部分に少し強めの薬剤とつけてパーマをかけれますがせっかく良い薬剤を使用するのでできればこの方法はあんまりおすすめしません。

カラー後、パーマがゆるくなります。しかし、これは1週間後にカラーをするという前提で少しきつめにかけておくこと大事。

<カラーリングを先にして1週間後パーマした場合>

メリットはパーマが希望のかかり具合にかけれます。トリートメント系のパーマでしたらパーマのトリートメント効果がしばらくは持続します。

デメリットはパーマ剤をつけた部分が少し色落ちします。ですからロングヘアで毛先だけパーマの場合はその部分だけ少し色が落ちる可能性があります。

『パーマのかかり具合や手触りを重視するか、カラーの色味を重視』するかですね。

今、どちらを先にしようか悩んでる方には以上のこと考えてしてね!

ちなみに私的にはカラーの色味を重視したいので先にパーマをかけたいですね。

★髪に元気があれば、きれいなスタイルをキープすることができます。日ごろから十分なケアと休養を与えてあげてくださいね!

記事が参考になったらイイね!してもらえたらとてもうれしいです!!

フォローする