縮毛矯正した後に髪が白くなる原因は?

白髪を気にしている女性

『縮毛矯正をかけた後に、髪が白くなった!まるで白髪のようになった!』って経験はありませんか?その原因について現役美容師が説明します。

 

美容院で縮毛矯正をしていると稀に、部分的に白く白髪のようになってしまうケースがあります。

 

CAUTION

    でも、これは決して白髪になったわけではありません!!

 

その原因について皆さんにわかりやすく説明したいと思います!!

 

縮毛矯正した後に髪が白く白髪のようになる原因とは?

縮毛矯正を何回も繰り返した髪は”タンパク変性”をおこし毛先がチリチリになったり、ときには白く白髪のようになったりします。

 

中には縮毛矯正をしたら白髪になったと思われる方もいらっしゃいますが決して白髪になったわけじゃありませんよ(笑)パーマで白髪にはなりません。

 

まず、縮毛矯正をする場合は

施術する美容師が”しっかりお客さまの毛髪診断ができるか?”にかかってきます。知識が中途半端だと施術ミスにつながるからです。

 

◎髪の状態を把握することがとても大事なんです。

 

施術前のお客さまの毛髪チェックから!

<チェック項目>

□縮毛矯正は初めてか?(バージン毛)

□矯正の経験は今までにあるか?

□経験ありの場合は前回、いつ矯正をしたか。(何回ぐらい繰り返しているか)

□根元のくせの状態(くせのキツさとどのくらいの長さまでくせが出ているか)

□1度した矯正の部分のくせの戻り具合

□カラーリングをしているかどうか。

□根元はカラーリングしているか、していないか。

□根元、中間、毛先の髪の損傷度

 

以上のことをチェックして薬剤の選定をし、美容師は頭の中でプランを立てます。

 

”ここはかなり重要なプロセスです”

 

ここを怠るとお客さまの髪を傷めてしまう可能性があります。

 

POINT

○プランというのはお客さま髪の状態を見てどのよう順番で、前処理 CMCなど(1剤が浸透し過ぎないように)をどの部分(根元、中間、毛先)に付けるのか?

○どの部分(根元、中間、毛先)から1剤を塗布するのか?

○どのくらいの塗布量で塗布するのか?

 

を考えること。

 

○縮毛矯正の1剤は従来のパーマ剤の1剤と比べて髪が早く反応(膨潤)するため、最初に塗った部分はすぐに反応し始めます。ですから時間がかかるほど損傷しやすくなるのです。

 

ですから、”短時間で塗布”することがとても重要になってきます。

 

その他に縮毛矯正後に、髪が白く白髪のようになる原因

○ひとつは普段からヘアースプレーなどよく使う方。

シャンプーしてもハードスプレーは非常に取れにくいため髪にスプレーが残っているのです。この状態で縮毛矯正をすると白く粉がふいたような状態になります。

 

決して爪でこそぎ取るようなことはしないように、シャンプーしているうちに自然に取れていきますので。

 

中間水洗の時に1剤の流し残しによるもの。

1剤の軟化チャックの後に中間水洗で1剤をきれいに落としてアイロンの工程に入るわけです中間水洗のときに1剤がまだ残っているとアイロンしたときに白くなる場合がある。

 

矯正の1剤の過剰反応によるもの。

過度の軟化によってキューティクルもしくはケラチンタンパク質の損傷によるものです。

 

最初のカウンセリングの時に毛髪診断がきっちり出来ていなかったために、薬剤の選定や塗布量、1剤の放置時間の置き過ぎにより1剤の反応が進み過ぎたことが原因になります。

 

縮毛矯正による損傷防ぐ方法

これはあなたを担当してくれる美容師さんに委ねる他無いのですが前処理にケラチンやコラーゲン、CMCなどで毛先などを保護すること。

 

最近はCMCなどが良く使用されています!CMCは薬剤の通り道を作ってくれて過軟化も防いでくれますからね。

 

中間処理もCMCは必須アイテムです。ドライの前にCMCを塗布してドライそのあとにアイロンをする。

 

あとは、後処理でヘマチンを使うとアルカリ除去になって髪の損傷を防いでくれます。

 

あと、どのくらいのペース(頻度)で縮毛矯正をするかどうかで髪の損傷も最小限に抑えることが出来ます。

 

参考記事

縮毛矯正はどのくらいの頻度(期間)ですれば良いか?

市販の縮毛矯正はやめろ!効果と失敗例について

縮毛矯正をしたらトップがぺっタンコ!頭頂部のボリュームを出す方法とは?

 

すでに傷んでしまった髪を最短で改善したい場合の解決策!

○美容院に2週間に1回通いトリートメントする。

 

市販で売られているトリートメントとサロンのトリートメントは成分に違いがあります。しっかりと髪の中に栄養分を補給すること。

 

1度傷んだ髪は治りませんが3ヶ月ほどで手触りや質感が変わってくると思います。

 

○くせ毛がおさまるスタイリング剤をつける

バランローズヘアエッセンスで縮毛矯正要らずってマジ?

 

○サロンのシャンプー&トリートメントを使用する。

サロンの商品を使用するのと市販の商品を使用するのを比べたら雲泥の差が出ます。1ヶ月ほどで手触りや質感が変わり効果が出ます。

 

 

おすすめのシャンプー&トリートメント

まとめ

●縮毛矯正は最初の毛髪診断が大切です。

出来ればしっかりと毛髪理論を知っているベテラン美容師さんに担当してもらうと良いと思います。

 

●縮毛矯正前はスプレーなどつけないように。

 

●髪は1度傷むと元には戻りません。その後のケアしたいで傷みや質感が改善される。

この記事を書いた人:naru

美容師だからわかるパーマやカラーリング、その他の施術に関しての知識、髪についての情報を発信しております。

CLOSE

CLOSE