ヘアカラーは染めてからどのくらいで色が馴染むのか?

ヘアカラーする女性

『ヘアカラーをしたけど1週間から2週間で明るくなった!?色落ちしたっ!?』なんて経験をしたことありませんか?カラーをしてからどのくらい日にちが経てば馴染んで色落ちが無くなり落ち着くのか?また、『ヘアカラー(おしゃれ染め)をしたけど色が気に入らない、白髪染めをしたら思ったより暗く染まってしまった!?』1回染まってしまったカラーはどのくらいで染まった色が明るくなるのか知りたい!って方に、カラーしてから何日くらいで色が馴染んで髪が明るくなってくるのかを教えちゃいます!

 

『美容院でお気に入りの色にしたいとヘアカラーをしたけど、1週間から2週間ほどで色落ちしてしまった!?・・・』

 

な~んて経験!あなたもきっとあるはずです!!

 

”美容院で高いお金を払ったのになんか納得いかないですよね~?!”

 

では、

なぜカラーをしてもすぐに色落ちしてしまうのか?

 

以下の記事を読んで頂ければヘアカラーの仕組みやカラーをしても、なぜ色落ちするのかがわかって頂けると思います!!

 

ヘアカラーをしてからどのくらいで色が馴染んで落ち着くのか?

ヘアカラーする女性

 

ヘアカラーは、染め上がった後からおよそ48時間(2日間)かけて色が定着していきます。

 

これは、おしゃれ染めも白髪染めも同じです。

 

でも、色味が一番きれいに出ている状態の期間は、カラー後『とくにおしゃれ染めの場合は、1週間~2週間』くらいなんですよね。(色味にもよります)

 

とくに、おしゃれ染めの10レベル~14レベルなどのハイトーンになると、色味の定着率はかなり悪くなる。つまり、染め上りが明るくなればなるほど、色味がきれいな状態の期間(賞美期間)が短いということになります。

 

もっと、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてね!

 

参考記事

ヘアカラーはどんなしくみで染まるの?

ヘアカラーでどうして髪は明るくなるのか?

ヘアカラーの色味によって色もちが違うのは知ってる?

 

一方、白髪染めの場合は、白髪を染めるための黒~濃い茶色の色素が入っているため色の定着率はおしゃれ染めと比べて長いです。

 

ヘアカラーの色落ちはどのくらい(何日くらいで)でなくなるの?

カラーチャート

 

基本的にヘアカラー(アルカリカラー)は、施術してから48時間ほどで定着はしますが、これは一時的なものでシャンプーをするたびに開いたキューティクルからどんどん色が流出していきます。

 

つまり、

 

『色落ちは、染めた上がった瞬間からもう始まっている!!』ということです。

 

例えば、10レベルのアッシュに染めたとします。

染め上りは綺麗なアッシュに染まっていますが、1週間から2週間ほどでアッシュの色味はどんどんシャンプーや髪が濡れたりすることによって流出していきます。

 

アッシュが色落ちしてしまうと10トーン~11トーンのブリーチした下地が出てくるといった感じになります。

 

”おしゃれ染めのメカニズムは、簡単に言ってしまうとブリーチで髪を明るくして、そこに色味が乗っかっているだけなんです。”

 

この説明で、皆さんわかったかな?なんとなくでもわかって頂ければ幸いです(笑)

 

白髪染めにも、アッシュブラウンとかベージュブラウンとかあります。

 

白髪染めも色落ちはするけど、アッシュやベージュの色味意外に白髪を染めるための黒から茶色の色素が入っているため色味が落ちてたとしても見た目わかりにくいのです。

 

おしゃれ染めや白髪染めで思ったより、暗く染まっってしまったヘアカラーはどのくらいで明るくなるの?

金髪女性

 

美容院で、染めてもらったら、

『思ったより暗く染まっちゃって、ショック大~!(泣)

早く明るくならないかな・・・』なんて方、意外に多いのでは?・・・

 

おしゃれ染めの場合は、染めた明るさにもよりますが1週間ほどで明るくなっていきます。

 

白髪染めで暗くなってしまった場合は、明るくなるまでには少し時間がかかります。

染め上りが5トーン~6トーンなら、黒茶の色素が濃いため色落ちに時間がかかります。1か月2か月~かかることもあります。

 

どうしても早く明るくしたい場合は、洗浄力の強いシャンプーなどで毎日シャンプーをすると色落ちが早いかも。

 

どうしても、早く明るくしたいと思う方は、

◎もう一度美容院に行き、ハイトーンのおしゃれ染めで染め直す。

◎ブリーチで脱色する。

 

です。髪に負担がかかりますが暗く染まった髪を明るくできるかと思います。

 

お気に入りのヘアカラーの色味の色落ちを抑え定着率を上げる方法!

ひらめいた表情の女性

 

◎ホームカラーで染めない!

市販のヘアカラー剤は、素人方ににも簡単に染めれるように作られています。

しかし、美容院のカラーとは違い髪が傷みやすい上に、色落ちが早いです!

手軽で安価のホームカラーは、色落ちの面を考えると必ずしもコストパーフォーマンスが高い、とはいえないようです。

 

◎施術日にシャンプーをしない!

”意外と知られていないのが施術日当日のシャンプーです。”

お風呂に入って髪が濡れたからと、ついシャンプーをしてしまいがちですが、これが色落ちを加速させる原因です。

 

薬剤で大きく膨らませた髪の中に色の粒を入れるのが、ヘアカラーの仕組み。

色の粒は約30分で安定し、色が染まります。

 

しかし、施術日当日はまだカラーが馴染んでおらず、いわゆる水に馴染みやすい状態なので、水やシャンプー剤に触れると流出しやすくなるのです。

 

そのため、大切なヘアカラーだけでなく、たんぱく質など髪内部の重要な成分も流れ出てしまうのです」

 

真夏は少しでも汗ばむと髪を洗いたくなるでしょうが、ヘアカラーをした当日は我慢しましょう。

 

◎硫酸系シャンプーがおすすめ!

”シャンプーで最も大切なのは洗浄成分です。”

この種類によって退色の度合いは劇的に違います。いくらドラッグストアでヘアカラー用、ダメージヘア用と書かれていても、成分表示の中にラウリル硫酸、もしくはラウレス硫酸と書かれているシャンプーは、ヘアカラーを褪色(色落ち)させてしまいます。

 

◎カラー毛には、弱酸性のアミノ酸系シャンプーがお勧めです!

 

少しでも長持ちさせたいのならば、パッケージやCM、ボトルイメージ、香りには惑わされずに硫酸系シャンプーを避けるようにしましょう~!

 

シャンプーを選ぶときには、表よりも裏の成分表示をしっかり熟読して選ぶようにしましょう。出来れば、美容院で販売されているシャンプー&トリートメントがお勧めです。

 

お勧めのシャンプー&トリートメントはこちら↓


◎紫外線対策をすること!

”自動車のタイヤも4~5年もするとゴムがボロボロになってきますよね?

その大きな原因のひとつは紫外線です。同様に髪も紫外線により表面の鱗であるキューティクルにダメージを受け、それゆえに褪色にも繋がる大きな一因となるのです。

 

紫外線対策のヘアスプレーを利用することで、紫外線による色落ちを防ぐことができます。

 

◎紫外線が強い時期は、ヘアスプレーをいつものヘアケアにプラスしておいたほうが、色落ち防止に効果的です。

 

ヘアカラーをしてもすぐに色落ちする理由や、色持ちを少しでも長く継続する方法がお分り頂いたかと思います。是非、参考にしてくださいね!

 

長くなりましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

関連記事

白髪染めとおしゃれ染めの違いについて

白髪染めで明るめを希望したのに仕上がりが暗いのはなぜ?

ヘアカラーはどのくらいの頻度で染めれば良い?

おしゃれ染めでリタッチの時、根元と既染部の中間が暗いのはなぜ?

白髪染めで黒く染まってしまった髪を明るく出来るのか?

 

 

kirei-kami.com

この記事を書いた人:naru

美容師だからわかるパーマやカラーリング、その他の施術に関しての知識、髪についての情報を発信しております。

CLOSE

CLOSE

この記事をシェアする

CLOSE